記事

1兆ドル企業アマゾンに、あのサンダース議員が一撃

米アマゾン・ドット・コムの株式時価総額が先週4日に1兆ドル=110兆円=に達しました。アップルに次ぐ快挙とのことで、アマゾンの将来は揺るぎないように見えます。

ところが翌5日、「”金満”アマゾンの配送センターでは、ロクな賃金が支払われず、社会福祉の対象になっている従業員が少なからずいる」として、その是正を求める法案が連邦議会に提出されました。

提出者は、一昨年の大統領選で民主党候補に名乗りを上げ、旋風を巻き起こしたバーニー・サンダース上院議員です。

名称は「‘Stop Bad Employers by Zeroing Out Subsidies Act」(国の補助金支出をゼロにすることで悪徳雇用主を阻止する法案)と言い、又の名を「Stop Bezos Act」(ベゾスを止めろ法案)と言うそうです。Bezosとはもちろん、アマゾンのボス、ジェフ・ベゾス氏を指します。一体、どういうことか。

法案の中身は、「500人以上の企業で、その従業員の賃金が低くて、食料品の買えるフードスタンプの受給や家賃補助、医療補助などの社会福祉の恩恵を受けている場合、その従業員が政府から受給した総額を税金として雇用主に課税して徴収する」というものです。

法案提出に伴い、サンダース議員は「ちゃんと暮らしていけないような低賃金しか払っていない、この国で最も豊かな人々を国の金で補助しなければいけないことにアメリカ人は飽き飽きしてる」とスピーチしました

同時に出した声明には、堂々と「THE STOP BEZOS ACT」とあり、ベゾス氏について特に言及し「彼の資産価値は1680億ドル(19兆円)で、地球で最も金持ちだ。今年初めから、彼の資産は1日毎に2.6億ドルづつ増えている。その一方で、ベゾス氏は何千人ものアマゾン従業員に社会福祉に頼らざるを得ないような低賃金しか払っていない」などと、名指しで強烈に批判しています。

そして、雇用主が従業員に生活できる賃金を支払えば、納税者は1500億ドル(17兆円)もの社会福祉の支出を節約できると、法案の意義を説きました。

サンダース議員らしい直球勝負です。というのも、NPOのThe New Food Economyが調査報道専門のThe Interceptと共同で行った調査で、Amazon従業員のフードスタンプの受給者が異様に多いことが突き止められているからです。

それによると、調査に回答したのは5つの州でしたが、アリゾナ州では、アマゾン従業員数は28番目なのに対して、フードスタンプ受給者数では5番目に多いことが分かりました。同様に、ペンシルベニア州では従業員数19番目で、受給者数は同じく5位。カンザス州では従業員数は50番にも入らないのに受給者数は17位、オハイオ州では従業員数で53番目で受給者は19位、本社のあるワシントン州にはホワイトカラーが多いはずですが、それでも受給者数は17位という有様でした。

この調査報告書によれば、「アリゾナ州ではアマゾン従業員の3人に1人、ペンシルベニア州では従業員10人に1人近くが食料確保のためにフードスタンプを受給している」とのことです。

こんな数字を見れば、思わず拍手して「Stop Bezos Act」の成立に期待したくなります。でも、その可能性はどうか。

サンダース議員は共和、民主のどちらにも属さない無所属議員。どちらからも賛同を得るのは難しい。なので、ビジネスニュースサイトのQuartzが先週末に配信した記事では「その名称のような期待に応えるのは難しい」と書いています。つまり、成立はしないだろうと。でも「Amazonへの政治的プレッシャーは残る」と指摘します。

というのも、アマゾンは、従業員からの待遇改善の不満、買収したWhole Foodsの従業員による組合結成の動き、まるでゲーム番組のような第二本社探しの面倒独禁法を巡る動き大手Tech企業への連邦議会の風当たりの強まりなど様々な難問に直面しているからだと言うのです。

だから、アマゾンは連邦議会の動きを警戒すべきだと認識しているはずだとし、ベゾス氏がワシントンDCで購入した大邸宅を2300万ドルもかけてリノベートしているのも、DCでの政治家との社交の場とするためかも、書きました。

さらに、ベゾス氏が先週、彼個人としては過去最大の1000万ドルの選挙献金を行いったのも、その一環かもと指摘しています。献金先はWith Honor Fundといい、共和、民主両党から立候補する退役軍人を党派を超えて支援する政治資金団体です。支援するのは共和14人、民主19人の計33人。ベゾス氏は双方に資金援助することになるわけです。

こうした流れの中でのサンダース議員の一撃。立法化の道は険しくとも、これがどう展開していくのか。動き出している米中間選挙、サンダース議員もバーモント州から3選を目指して立候補しますから、その選挙戦の中で、サンダース候補はこの件を多分、吠えまくり、メディアの注目を集めることでしょう。ま、それを狙っての法案提出だったのでしょう。なかなかの”政治家”です。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  5. 5

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  8. 8

    バンクシー投稿は小池知事の焦り

    やながせ裕文 東京都議会議員

  9. 9

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  10. 10

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。