記事

電気がなければキャッシュレス社会も砂上の楼閣に。 - 9月9日のツイート

全米テニス、大坂なおみ優勝。すごい。おめでとう。

自民党総裁選・共同通信電話調査:安倍支持61.0%、石破支持28.6%。安倍首相は、国会議員票405票のうち、3分の2の340票を確保。三選がほぼ確実。次期総裁に期待するのは、①経済(35.6%)②年金・医療・介護(33.9%)、③外交・安全保障(22.2%)。防災(13.2%)や憲法改正(12.7%)は下位。

停電でキャッシュレス機能が麻痺したという。読み取り端末などが作動しなかったからだ。また現金を引き出そうにもATMも稼働せず。電気がなければキャッシュレス社会も砂上の楼閣に。こんなとき、デジタルとアナログの両ツールを持っていると強い。電気の照明がないとき、蝋燭が有り難いのと同じだ。

今日は北朝鮮の建国70周年記念日。軍事パレードでは、ICBMは確認できなかったという。非核化を求めるアメリカに対する配慮であろうが、今後、金正恩が本当に非核化を進めていくかどうかは不明である。9月18〜20日に平壌で行われる南北首脳会談が次の焦点だ。中間選挙を前にトランプはどう動くか。

少子化や世帯人員の減少と青少年の病理とを短絡的な結びつけることはできないが、何らかの相関関係が見いだせるかもしれない。「20世紀文明(15)」をブログにアップした。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12403771114.html…

厚真町の山崩れには驚愕したが、いつも白老から仰ぎ見ていた樽前山の火山灰が堆積していたとは思いもしなかった。地震の凄さがもたらした被害とはいえ、どうすれば自宅の背後の山の地質構造を知ることができるのだろうか。命を守るために、そのような情報がほしいものである。

停電でも車があれば、照明も冷暖房もラジオも充電電源も完備だが、今の北海道にはガソリンがない。物流の問題とともに、ガソリンスタンドが不足。GSは備蓄基地の機能も果たすが、都内でも過当競争で数が減少。都知事のとき、GSに災害時の供給基地機能を付与させたが、今はどうなっているのだろうか。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「北海道胆振東部地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  8. 8

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。