記事

7本指のピアニスト、座右の銘は「毒は愛をもって制す」

【「ポジティブな言葉を口に出すと、幸運が向こうからやってくる」と西川さん】

 ニューヨークを中心に世界で活躍するピアニスト・西川悟平(43才)。15才でピアノを始め、音大に合格し、ニューヨークへ。念願かなってピアニストになったが、27才のときに神経の病気である「ジストニア」が発症。左手は親指と人差指でしか演奏できなくなってしまったのだ。

 病気による挫折を味わうも、再び奮起して、ピアニストとして復活を果たす西川だったが、また悲劇が襲う。

 誰よりも彼を心配し、期待し、案じてきた最愛の母が亡くなったのだ。

「がんでした。53才の若さで亡くなった母の葬式に出られなかったことと、復活した自分の演奏を聴かせられなかったことは今でも心残りです。一生後悔するでしょう。当時は医療費もかさみ、どうしても日本に帰る渡航費を出せなかった」(西川、以下同)

 代わりに日本で葬儀が行われるのと同じ時間にニューヨークの自宅で葬儀を行った。

「母が大好きだったピンクのバラを敷き詰め、弔問客にはあえて黒を着ないようにお願いしました。底抜けに明るくて、華やかなことが大好きだった母にふさわしい見送り方をしたかったんです。

 最期まで母は『ニューヨークで一旗あげて来てね。私の心配はしないで。あなたの成功が私の薬だから』と言っていた。この言葉は、『ニューヨークにいても、テレビや雑誌で見られるように頑張ろう』とぼくを奮い立たせてくれました…でも、間に合わなかった」

「見せたかった」そう涙する西川の復活舞台は、母が亡くなって1年後、2008年の夏。

 イタリアで行われた「アレクサンダー&ブオーノ国際音楽フェスティバル」だった。

「主催者から『7本指で弾くことを絶対に明かすな』ときつく言われました。ぼくは『なんで言ったらあかんねん、意地悪やな』って思っていました。曲はショパンの『ノクターン第13番』。豊かな表現が必要とされる難曲です。果たしてこれを、最後まで弾ききることができるのだろうか、と緊張しましたが、弾き終わったら満場のスタンディングオベーションでした」

 すると主催者が前に出てきて、「実はゴヘイは7本の指で弾いているんです」と明かし、再びスタンディングオベーションが巻き起こる。

「『明かすな』は彼の気遣いだったんです。先に7本指だと伝えると、先入観を持って聴いてしまうからよくない。今日は何も知らない聴衆から、スタンディングオベーションを受けたのだから、もっと自分の演奏に自信を持ちなさい、と励ましてくれました」

「中3から始めてプロのピアニストは不可能」「ニューヨークで活動するのは普通の人は難しい」「7本しか指が動かないのなら諦めろ」

 西川の人生にはこれまでいくつもの“インポッシブル”が降りかかってきた。

「それを可能にするのは、簡単なこと。どんな状況でも『絶対に大丈夫』『アイムラッキー』とポジティブな言葉を口に出すんです。『ついてねぇ、クソ!』って言っていると、『ついてねぇ』のままだけど、『ラッキーだから大丈夫』って声に出して言い続けていると、不思議なことに幸運が向こうからやってくる。“アイムラッキー”って100回は言うようにしています(笑い)。(NYで)清掃作業員として苦労したことも、7本指になったことも、ぼくにとってはこのうえなくラッキーなこと。だってそのおかげで、10本指で弾いていたときは出せなかった音が出せるんだから」

“アイムラッキー”とともに座右の銘にしているのが、「毒は愛をもって制す」という言葉。

「ぼくのオリジナル。自分のことを好きな人のことを、嫌いになるってすごく難しい。だから、どんな相手でもいいところを見つけるんです。『そのブローチ、素敵ですね』とかそういうのでもいい。そうすると、相手も自分を好きになってくれる」

 大阪の実家から、ニューヨークの庭付き一戸建て、そして(あまりにも狭い)“棺桶アパート”とさまざまな場所に住んできたが、今はニューヨーク・マンハッタンのマンションに住む。

「やっと落ち着いて、音楽家として活動できるようになりました。『7本指のピアニスト』として認知してくださるかたも国内外問わず多く、年に80回は、アメリカ国内や日本のリサイタルやコンサートで、ピアノを弾いています。11月にはまたカーネギーホールで演奏できる。また、最近は、ニューヨークだけでなく、イギリスでも演奏活動をするようになりました。場所がどこであろうと、苦難の末にたどり着いた“自分だけの音”をお客さんに聴いてもらえるのはこの上ない喜びです。また、最近はコンサートに来たお客さんが、『私の地元でも弾いてほしい』と招待してくれることもあるんです」

 満面の笑みを浮かべる彼は、私生活も、15才の冬から変わらずピアノ一色だそう。

「妻も恋人もいないし、募集もしていない(笑い)。もしかしたら、ピアノだけが永遠の恋人なのかもしれません」

 今の目標は、東京オリンピックの開会式で演奏すること。

「ピアノを演奏できて、子供たちにピアノを教えることができて、今でも充分に幸せなんです。でも、2020年のオリンピックを通して誰かに伝えたい。世界中の人たちが見ている大舞台で、日本人で、しかもジストニアという障害を負って一度弾けなくなって、そこから這い上がったマイノリティー中のマイノリティーのぼくが、演奏することができたら、たくさんの人に『誰かにできないと言われたって、一生懸命やったらできるじゃん』と証明できるじゃないですか」

 不可能を可能に変える“次の奇跡”はもうすぐそこかもしれない。

※女性セブン2018年9月20日号

あわせて読みたい

「ピアノ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  8. 8

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  9. 9

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  10. 10

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。