記事

いじめ、DVの証拠をつかめ! 録画・録音の心得

1/2

 いじめやDVなどの被害に遭っている場合、相手に内緒で録音や録画をするのは正当な防衛行為 であり、後ろめたく思う必要は全くない。ここでは、被害のケース別に、録音・録画の正しい録り方を解説する。

【いじめにはICレコーダーを(イラスト/飛鳥幸子)】

【いじめ】

 いじめ問題の解決は録音・録画の証拠が重要だ。レイ法律事務所の弁護士・松下真由美さんはこう説明する。

「息子が同級生からお金を盗られているのではないかと疑いを持ったある母親が、自宅にカメラを設置。自分の留守中に遊びに来た友達の姿を撮影したんです。カツアゲの現場は撮れなかったのですが、言葉のやりとりからいじめが判明したケースがありました」

 いじめの場合、被害者本人がその現場を録画するのは難しいため、この例のように、親が手配するのも手だ。長年いじめ調査に取り組んできたT.I.U.総合探偵社の阿部泰尚さんはこう話す。

「小学校高学年以上なら、操作方法が理解できるので、被害者自身に録音・録画をさせられます。その場合、家を出る前から帰宅するまで録り続けることが大切」

 現場で操作すると機器が見つかる恐れがあるが、録りっぱなしなら、いじめの瞬間も逃さず、チャイムの音などで発生時刻も推定できるからだ。

■ポイント
・小学校高学年以上なら、本人自ら機器の操作ができる
・家を出てから帰宅まで録り続ける
・自宅内でいじめられる可能性があるなら、室内にカメラを設置

あわせて読みたい

「DV」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。