記事

「嘉風」超ロングインタビュー「僕にとって相撲は趣味です」

1/2

 2017年の九州場所。横綱・白鵬が取組後に土俵下で「待った」を主張し続け、醜態をさらした事件は記憶に新しい。その相手こそ嘉風(36)。そして翌場所も嘉風は白鵬を撃破。記録より記憶に残る相撲を目指す、異端の力士の人生を紐解いたーー。

 日常に潜む不思議を暴く作家・二宮敦人最新ルポ。

【関連記事:嘉風「網膜剝離」で左目を2度手術していた】

 相撲を仕事にしたら、どうなるのだろう。
 好きで始めたことだとしても、仕事にしてしまったら苦しい時も出てくるのではないか。

 それを何年も続けていくとしたら、それはどういうことなのだろう。体力の限界はやがてやってくる。活きのいい若手も次々に現われる。どんな気持ちで日々を過ごし、土俵に上がるのか。そんなことが知りたくて、現役生活15年目、嘉風関の元を訪れた。

 嘉風関は小学校から相撲を始め、中学・高校と続けて日体大に入学し、天覧試合でもあった全日本相撲選手権大会で優勝。アマチュア横綱となったのちに大相撲に入っている。相撲取りになるのも当然のような経歴だ。

「相撲は昔から好きだったんですよ。なぜかって、うまく言語化できないんですけど、フィーリングですね。中学生の時、自己紹介には、将来は力士になると書きましたから」

 尾車部屋の応接室。寒くないですか、とクーラーを調節してくれる嘉風関と、僕は向かい合う。

「そういうのって、現実を知るにつれて諦めることが多いと思うんですが、真っ直ぐに叶えられたんですね」

「あ、でも何度か諦めてますよ」

 あっさりと首を横に振る嘉風関。

「えっ?」

「高校に入った頃ですかね、稽古がめちゃくちゃきつくて。中学までは楽しく相撲させるようなクラブに通っていたので、かなり感覚が違いました。これは、中学を出てすぐ力士にならなくて良かったと思いましたね。とりあえずそこで一回諦めた」

 嘉風関は苦笑する。

「しんどくてね。相撲って夏に大会があるから、冬はオフなんですよ。トレーニングするくらいで。でも、僕たちは冬も稽古をやらされた。なんでだよ、って愚痴ってましたよ。

 ただまあ、ある日ふとトイレに行った時にね。こう、雪が降ってたんですが。突然体に何かが憑依したみたいに、悟ったんですよ。文句を言うのは違うなって。

 これは自分が選んだことであって、先生の顔色窺ってやるもんじゃない。しっかりやんなきゃいけないと。それからは真面目にやりました。でも、大相撲に進もうとは、全く考えていませんでした」

「それは、日体大に入ってからもですか?」

「はい。あ、相撲自体をやめようと思ったことはありません。社会人になって、趣味として続ければいいと思っていたんで。体育の先生になるつもりでした」

 しかし実際には、嘉風関は教員の道を捨て、大相撲を選ぶ。大転換に思えるのだが、何があったのだろう。

「日体大でレギュラーとして使ってもらえまして。そうすると全国にも名前が知られるわけですよ。それが自信になった。そして、大学三年時の全日本選手権で優勝してしまったんです」

 嘉風関は「しまった」というネガティブな言い方を強調した。

「そうしたら、それから相撲が面白くなくなってしまいました。力が出ないんですよ」

「どういうことですか?」

 僕は二回り以上体の大きい、嘉風関をまじまじと見る。

「いやもう、本当に力が出せないんです。何でしょう、慢心したつもりはなかったんですが、モヤモヤするんですよ。相手を前にして、こいつに必死こいて勝つのはダメだな、とか。泥臭いやり方はチャンピオンの相撲じゃないとか、頭をよぎってしまうんです」

 肉体の問題ではなく、心の問題だった。日本一になった者にだけわかる、日本一の重みだろうか。

「このままだと、相撲を嫌いになると思いました。それが凄く怖かった。相撲を失うのが恐怖だった。だから、大相撲に行くしかないのかなと。全力で戦える場に身を置いて」

「もし教員になって、アマチュアで相撲をやっていたら……」

「相撲、やめてたと思いますね」

 相撲が好きだから力士になったのではない。相撲を嫌いになりたくなかったから力士になったのだ。同じような表現だけど、意味合いはかなり違う気がした。嘉風関の中で、相撲よりも己の気持ちの方がウェイトが大きいのを感じるのだ。

「でも、すぐに割り切れたわけではないです。色々な人に相談もしたし、体が小さいからやめとけとか、反対もされました。でも実際に尾車部屋に入って稽古を始めたら、モヤモヤが一瞬でなくなったんですよ。この1年何を悩んでたんだろう、と思いましたね」


「過去に戻りたいと思ったことは一回もないんですよ」

 どうしてですか、と聞くと即答された。

「だって今の方が自分、強いし。昨日より今日の方が強いし、今日より明日の方が強い。考え方も、気持ちも、進化しているんです。昔に比べて当たりが弱くなったとか言われますけど、それもあえてやっているんです。

 相手の動きを見て柔軟に対応するために。30過ぎたら落ち目とか言いますが、本当にそうなのかなって思いますよ。やめる自分が想像できないんです」

 随分自信家なのだな、と思ったが、どうやらそういうことではないようだ。

「僕、負ける恐怖とか、勝つ喜びって全くないんです。それとは別に、自分の中の星取表をつけてましてね。これが何かというと、力を出し切れたか否か。自分自身に負けたか、勝ったかです。最近は十三勝とか十四勝とかできてますが」

「自分との戦いの方が大事なんですか?」

「心技体って言いますが、あれは本当にそうだと思う。相撲では心が一番大事。土俵で萎縮してる相撲取りとか、見てすぐわかりますからね。やっぱり人間なんで、毎回不安は出てくるんですよ、そこが面白いところで。

 十五回あったら十五回モヤモヤする、勝てるだろうかとか、負けたらどうしようとか。それは取り除けないんですよ、自分自身なんでね。だけど『ああ、俺今めちゃくちゃモヤモヤしてんな』と認めて、受け入れていくことで、自分に打ち勝っていける」

 まぐれだろうと何だろうと勝てばいい、という考えもある。だが嘉風関はそれでは嫌なのだ。まずは全力を出し切ること。出し切れたのなら負けてもいいし、出し切って勝てればなおいい。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  7. 7

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  8. 8

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  9. 9

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  10. 10

    東京都で新たに5042人の感染確認 初の5000人超え 2日続けて過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    08月05日 17:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。