記事

選手とコーチの双方の代理人に就任するのは、ちょっと拙いんじゃないのかな

利益相反関係にはならない、という確信があってのことだろうと思うが、ちょっと危うい。

選手の最善の利益とコーチの最善の利益の双方を一人の弁護士が実現することは相当に難しい。
普通なら、別の代理人を立てるところだったが、選手の代理人が今度はコーチの代理人として記者会見の場に登場してしまった。

とことん突き詰めていけば、いずれは選手を取るかコーチを取るか、という難しい選択を迫られることになる。
ややこしい関係にはならない方がいい。

私が見ている範囲では、既に風が変わっている。

とても二人を一遍に守ることは無理である。
出来るだけ早く、どちらかの代理人を他の方にお願いされた方がいい。

あわせて読みたい

「体操パワハラ問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。