記事

キートン山田 さくらももこさんに伝えられなかった言葉明かす

1/2
さくらさんに感謝しているというキートン山田さん

 1990年にスタートした人気アニメ『ちびまる子ちゃん』。8月15日に原作者のさくらももこさん(享年53)が亡くなったニュースは大きな悲しみを呼んだ。この国民的アニメで小気味よいツッコミを放つナレーションをしているのがキートン山田さん(72才)だ。キートンさんに、さくらさんとの思い出から、『ちびまる子ちゃん』との出会い、同番組ならではのナレーションのこだわりを聞いた。

――さくらさんの訃報を聞いて、どのような思いを持たれましたでしょうか。

キートン:突然の訃報にびっくりしました。信じられなかった。あまりにも若すぎるし、今も実感は無いです。亡くなられていたことを知らされた、その前日、妻に「ももこさんの息子さんが誕生して数か月の頃、出演者とスタッフの食事会に連れて来られて、ぼくが抱っこしたことがあるんだよ」と話していたんです。いつも明るくて、気さくで、ぼくは「先生」と呼んだことはありません。

 声優歴の半分以上を『ちびまる子ちゃん』に出演しています。人生が大きく変わった作品です。いつの日か、ぼくが引退する日が来たときは、天才・さくらももこさんに「お世話になりました。ありがとうございました!!」と直接お礼を言うつもりでいました。それが叶わなくなってしまい、本当に本当に残念でなりません。

――『ちびまる子ちゃん』のナレーションを担当することになったきっかけもさくらさんだったそうですね。

キートン:番組の放送が始まる前、15秒の“番宣”に呼ばれたんです。第1話で、まる子とお姉ちゃんが「お前がバカだ」とケンカしているシーンで、「あんたがバカである」とツッコミをして、「1月7日放送開始」と言うだけのナレーションでした。それは単発の仕事だと思っていたんです。

 そのテープを、ニューヨークに行っていたさくらももこさんが聞いて、“この声だ、このしゃべり方が欲しかった!”って小躍りしたそうです。それでナレーターに決まったんです。放送が始まって何年もたってから、ご本人に聞いたんです。まさかレギュラーになると思いませんでしたね、しかもこんなに長く。さくらさんもこんなに長く続くと思っていなかったとおっしゃっていた。さくらさんには本当に感謝しています。

――ナレーションは本編に割り込んでツッコミをする珍しい作りですね。

キートン:面白いなと思いました。そういうナレーションはしたことがなかったし、まる子はなにを言われてもめげない。登場人物と掛け合いをしているような感覚が新鮮でした。

毎週、オンエアはチェックしている

――おなじみの「後半へつづく」はキートンさんのアドリブから始まったとか。

キートン:放送初期の頃、前編・後編にわける形が続いていました。CMのちょっと前に1秒半くらいの間があったので、見ている人のことを考えて、わかりやすく「後半に続く」と言ってみたんです。それはテストでしたが、本番でも録って、放送されました。当時はさくらさんが脚本を書いていたのですが、その収録以降、さくらさんの手で「後半へつづく」と台本に書かれるようになりました。

――『ちびまる子ちゃん』のナレーターとして、意識していることは?

キートン:『ちびまる子ちゃん』が決まる前に挫折があってね。アニメブームの終息と共に声優の仕事がなくなって、転職も考えました。これからどう生きようかって時に、先ほど言った“番宣”の仕事が舞い込んだので、とにかくありのままの自分を出していこうと決めたんです。自然体でやろうと。この仕事を続けられるのは『ちびまる子ちゃん』のおかげです。

 普通の声に近い声でやるから、ちょっとでも風邪をひくと、影響されやすい。バラエティーとか旅番組は声を作ってるから、ある程度、勢いでできるんです。でも、『ちびまる子ちゃん』の場合はごまかせないから緊張します。体調管理、音を保つのが本当に大変。自然体は作る芝居より難しいので、神経を使います。

――体調を崩して、収録できなかったことは?

キートン:恥ずかしながらあります。風邪をひいて、3週ほどダメだった。3、4週間分は撮り溜めしているから、穴を開けずにすみましたけど。風邪をひいた時は、ぼく以外のみんなが集まって収録して、ぼくは後から一人で一気に収録しました。それは放送が始まって1、2年の頃で、それからは休んだことはありませんよ。

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  3. 3

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  4. 4

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  5. 5

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  6. 6

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  7. 7

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。