記事

「南海トラフ地震」は予測できるのか?

■過去に発生した「南海トラフ地震」

 ここ数年、テレビ等で「南海トラフ地震」の危険性を煽る番組をよく見かけるようになった。言わずと知れたように、「南海トラフ地震」とは、四国沖で90〜150年周期で発生している大地震のことだが、今後30年以内に発生する確率は70〜80%と言われている。

 しかしながら、その予測確率がどこから出てきたのかというと、おそらくは、これまでに発生した地震年度から割り出した平均値としての数値にしか過ぎず、「南海トラフ地震」がいつ起こるかは実際のところ、誰にも分からない。明日起こるかもしれないし、1000年後かもしれないし、起こらないかもしれない。

 過去の「南海トラフ地震」を時系列で表記すると以下のようになっている。

 1498年(明応地震)

 それから107年後 1605年(慶長地震)※

 それから102年後 1707年(宝永地震)

 それから147年後 1854年(安政東海地震)

 それから90年後 1944年(昭和東南海地震)

 それから2年後 1946年(昭和南海地震)

(※)慶長地震は南海トラフ地震ではないという説もある。

 昭和の2度の地震は同時期と考えると、直近5回の「南海トラフ地震」の発生周期が90年から147年になっている。次も同じような周期で発生すると考えれば、2036年〜2093年に必ず起こるという目算があるのだろう。

 (107+102+147+90)/4=111.5年

 1946年+111年=2056年

 このての計算(実際はもう少し対象地震が多い)で、30年後(2048年)までに発生する確率が凡そ70〜80%ということなのだろう。
 しかし、先にも述べたように1944年(昭和東南海地震)と1946年(昭和南海地震)の間にはわずか2年しか空いていないわけで、実際のところは過去の統計だけで未来の地震を予測するのは無理があると言える。

■「余震震度」の予測は不可能

 今年6月に発生した「大阪府北部地震」や、今回発生した「北海道地震」を見ても分かるように、現代人には地震の予知などできないし、統計だけで判るようなら誰も苦労しない。
 全国津々浦々どこででも巨大地震が起こる可能性が有るわけだから、「南海トラフ地震」だけに拘るのはある意味、ナンセンスだとも言える。

 気象庁の発表も、震度6強の地震が発生すれば、

 「今後、震度6強程度の余震が発生する可能性があります」と言い、

 震度6強が震度7に変更されると、

 「今後、震度7程度の余震が発生する可能性があります」と言う。

 震度7以上の地震は原則無いわけだから、「震度7」と言っておけば絶対にハズレないということなのかもしれないが、これでは、全く判らないと言っているに等しい。実際、2年前の熊本地震では、本震と発表されていた地震が予震(前震)で、2日後に本震が発生したということもあった。

 今回の地震でも同じ発表ミスがあってはいけないので、保険をかけてわざわざ「震度7」と言い換えたのだと思われるが、そんなことなら、わざわざ「震度何」などと言わずに、「大きな余震」と言えば済むのではないかと思う。なぜ、判りもしないのに、予言者の如く「震度何」などと言う必要があるのか解らない。

 地震がどこで起こるか判らない、予震か本震かも判らないのに、なぜ正確な震度を予測することができるのだろうか?

■ある中学校の教室での1シーン(フィクション)

【教室Aの場合】
教師A「昨日は震度6の地震が発生しましたが、今後、大きなの余震が発生する可能性がありますので、皆さん気を付けてくださいね。」

生徒達「はい、わかりました。」

【教室Bの場合】
教師B「昨日は震度6の地震が発生しましたが、今後、震度6程度の余震が発生する可能性がありますので、皆さん気を付けてくださいね。」

生徒A「え?、なんで震度6と分かるんですか?」
生徒B「震度なんて分かるわけないじゃん。」
生徒C「先生は予言者なんですか?」

教師B「・・・」

 結論として言えることは、「現代人には地震の予測はできない」、その一言に尽きる。
 ゆえに、地震対策をしなければならないのは、「南海トラフ地震」の被害想定に入っている地域の人々だけでなく、全ての日本人が対象と言える。予測もできない巨大地震を煽り、一部の地域の人々だけが危険であるかのような予言をすることはミスリードであり、別の意味で危険とも言える。

あわせて読みたい

「地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  3. 3

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  10. 10

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。