記事

国内最強害虫スズメバチ 新女王蜂成長期の9~10月に凶暴化

【好戦的なキイロスズメバチ(写真提供/害虫防除技術研究所)】

 日本国内で最強の害虫といわれるのがスズメバチだ。凶暴性No.1がオオスズメバチで、キイロスズメバチも好戦的。都市部で営巣することもある。

 スズメバチによる死者は年平均30~40人にものぼる。9~10月は新女王蜂が成長期で食糧が必要になるのに、ほかの昆虫の数は減るため、特に凶暴化する。埼玉や千葉・茨城一円で駆除を請け負う田迎(たむかえ)真人さんによると、梅雨以降の降水量が少ない今夏は依頼が例年以上という。

「スズメバチは種類が多く、そのほとんどが庭木や壁、縁の下、天井裏、軒天、軒下、屋根裏など、人と近い場所に大きな巣を作るのが特徴です。しかしオオスズメバチは森や土中などに巣が多く見つけにくいのです」(田迎さん)

 10月の行楽シーズンにオオスズメバチと出くわし、刺されるケースが多いのはこのため。刺されてアナフィラキシーショックを起こすと、命にかかわることも。刺されたら静かに後ずさりし、毒を絞りつつ流水で洗って病院へ急いで。

【スズメバチ対策】

 本来、スズメバチの巣の駆除は、女王バチが単独で巣作りを始める4~5月に行うと効果的。働きバチが共同営巣する頃になると危険度が増し、特に秋は凶暴化する。駆除は自分でしようとせず、自治体や地域で活動する専門業者に相談を。料金の目安は地域や業者によるが、1万~2万円前後。

※女性セブン2018年9月20日号

あわせて読みたい

「生物学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  4. 4

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  5. 5

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  6. 6

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  7. 7

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  8. 8

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  9. 9

    華々しい総裁選の裏で…隠蔽体質の政府与党・自民党の闇はまったく変わっていない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月23日 08:32

  10. 10

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。