記事

イーサリアム(ETH)は穴の開いたバケツ なぜ価格はダダ下がりする?

イーサリアム(ETH)の価格がダダ下がりしています。なぜETHは下がっているのでしょうか?

僕の考えではICOのプロモーターが売っているから。

イーサリアムは仮想通貨ということに加えて「Apple Ⅱ」みたいな「汎用コンピュータ」の性格を持っています。

だからイーサリアムの「汎用コンピュータ」としての機能を利用し、様々なサービスないしアプリを開発してやろう!……そういう試みが、つまりICOです。

その場合、そうやって創造されたサービスを駆動する燃料となるのが、ICOのトークンというわけです。

一般の投資家はICOに応募するためETHをプロモーターへ送ります。

ICOのプロモーターはそうやって資金調達したETHの一部を米ドルなどに換金します。

なぜなら開発費用を捻出しないといけないから。

その場合、(今後さらにETHが値下がりするといけないから、少し余計に売っておこうか?)と考え、前倒しでETHを処分するケースもあるでしょう。

いまETHの売りがだんだん雪だるま式に増えているのは正しくこのような理由からです。

次の問題としてアプリを駆動する際の「燃料」としてのトークンの存在です。

それが「燃料」である以上、燃料価格はアプリ全体の価値提案に影響します。

これはちょうどサウジアラビアが無限に原油価格を吊り上げられないのと同じような理屈です。もしガソリン代が高くなりすぎたら、みんなガソリン自動車に乗るのを止め、EVに鞍替えするというわけです。

最後の問題はICOプロモーターの利己的な「そろばん」の問題です。

すなわち自分の作ったサービスが普及し、トークンの価値が一番しなやかに伸びる瞬間に、「燃料」を十分に供給する必要から、プロモーターは手持ちのトークンを処分しなければいけないのです。

これは難しい投資用語で説明すると「Short convexity」という立場に他なりません。そういう言い方で分かりにくいなら、つまり「利益相反」ということです。

【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  5. 5

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  6. 6

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。