記事

なぜ韓国人男子学生は日韓サッカーで自国選手にブーイングしたか


スポーツの祭典「アジア大会2018」で日本に次いでメダル獲得数3位の健闘をみせた韓国ですが、実は成績の善し悪しによって「兵役」が免除されることを巡って国民の間で常に賛否両論があるようです。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では著者で韓国在住歴30年の日本人著者が、韓国内のバス内で目の当たりにしたサッカー決勝戦の鑑賞の様子を例にあげ、韓国国民の根底に渦巻く「兵役問題」の深刻さを伝えています。

兵役免除

アジア大会が終わった。日本は綜合で中国についで2位というよき成績だった。韓国は日本についで3位。

こういう順位付けは筆者としては非常に嫌いなのだが、世の中がみなそういう流れなので、いたしかたなくそれに従う。日本が何位であろうと韓国が何位であろうとどうでもいいことだけれど、今回ここで取り上げようとするのは、韓国の兵役免除問題である。これは日本では全く実感のない問題なのだけれど、韓国ではある意味死活問題といったニュアンスがあるくらい非常にナーバスでシビアな問題なのだ。

特に問題になっているのが韓国の野球チームそしてサッカー。メダル圏にはいると兵役が免除されるという規定だと思っていたら、金大中氏(DJと約すこともある)のときは、16強に入れば兵役を免除してやるぞと壮行式のとき選手たちと握手する場でそこれこそ「思いつき」で決めたという話も伝わっている。

16強であれば兵役免除の時代もあったみたいだけれど、今回は金メダルであれば免除という規定のようだ。野球もサッカーも決勝戦が二つとも日本だった。そして二つとも韓国が勝ち、金メダルを取った

筆者はちょうど9月1日(土)、釜山に行く用事がありその帰りにバスの中で韓日戦を見ることになった。学生たちと同じバスだった。ゼロゼロで迎えた延長前半。イ・スンウの一蹴りで均衡が崩れる。続いてすぐにファンがヘディングで入れる。2対0。このときは、バスの中の女子学生からは歓喜の黄色い声。ところが男子学生からは歓喜の声もある中でブーイングも聞こえる

どうしたことかとそばの学生に聞いたら「これで彼らは兵役を免除されるんですよ」と憤懣やるかたなしといった風情で教えてくれるではないか。そうなんか。金を取れば、まだ兵隊へ行ってない連中は免除の恵みに浸ることができるのか。ソン・フンミン選手などがその話題の中心だった。本人だけじゃなく所属のプロチームも嬉しがることはあろうけど、ここ韓国の地では、それほど「拍手が聞こえてこないという現実があり筆者としてはかなり驚くことになる。

韓国が点を入れ勝ってくれれば(韓国の学生らが)うれしいのは当然だが兵役のことが頭にちらついた瞬間、彼らの表情は雲がさしたようにどんよりとしたものになるのだった。国会でもこのことが問題になっていて、ある国会議員は、防弾少年団バンタンソニョンダンのほうをむしろ兵役免除したほうがいいんじゃないかという国民の声もあるんだと口から泡を飛ばしていた。

なぜ、兵役を免除するのか。国益ゆえ、というのが国の言い分。国益に寄与するからというわけだ。国益という観点なら、むしろ防弾少年団のほうが上位にランクされるんじゃないの、というのが筆者の考えでもある。

とまれ、日本は2対0と2点もリードされたあと、ヘディングで1点返すという気迫を見せた。結果は2対1で韓国の優勝となったけれど、モチベーション自体が天と地ほども差のある状況で日本のあの1点は、値千金のゴールであった。あの気合いに筆者はすこし落涙。

日韓戦は常に緊張もするし勝ってほしいという思いも強い。しかし勝っても負けても、日本には韓国が、韓国には日本がいるというそのこと自体が本当に有難いことなんだなあと、最近はつくづく思う。このライバル関係があるからこそ、お互いに切磋琢磨できるし、近い将来、世界にいってもいずれ通用するレベルにもなろう。汚い反則もなくきれいに戦ってくれたことも、感謝だ。普通は、韓国選手が日本選手に悪意のタックルを決めることが結構見られるのだけれど、今回はモチベーションの割には、韓国選手、きれいに戦ってくれた。拍手を送りたい。

兵役問題がどうなるかは、韓国に任せるしかないけれど、芸能人にないならば、運動選手にも「なし」とするのが公平というものだと声を小にして(あくまで大ではない)言いたいところではある。

image by: Flickr

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  2. 2

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  6. 6

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  7. 7

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  8. 8

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  9. 9

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  10. 10

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。