記事

女子高生コンクリ詰め殺人犯「30年後に殺人未遂」の鬼畜


 事件は1988年11月25日に起こった。少年A(当時18、主犯格)、B(17)、C(16)、D(17)の4人は、アルバイトからの帰宅途中だったA子さん(当時17)を拉致した。

 以来少年Cの自宅で40日以上にわたり監禁したうえ凌辱の限りを尽くして殺害し、遺体をドラム缶に詰めてコンクリートを流し込み、遺棄した。

 東京都足立区綾瀬で起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」といえば、30年経過した現在でさえ、あまりに猟奇的で凶暴な事件だったことが思い出される。

 A子さんが絶命したのは、昭和が平成に変わる4日前の、昭和64年1月4日のことだった。

 当時、少年Cとされていた湊伸治容疑者(45)が、殺人未遂事件を起こしたのは8月19日。

 埼玉県川口市にある同容疑者の自宅近くで、会社員男性(32)とトラブルになり、男性の右肩を約40センチの金属製の警棒で殴り、折りたたみ式ナイフで首を刺して殺害しようとした疑い。男性は軽傷ですんだが、無職だった同容疑者は、近所で何度もトラブルを起こしていたという。

 その凶暴性は、30年前のコンクリ殺人事件の「裁判記録」にも表われていた。記録では、湊伸治容疑者は伸治と記されている。 

<A子さんの顔面を多数回にわたって手拳で殴打したうえ、その足首などを持っていたライターで5、6回にわたってそれぞれ数秒間ぐらい焼き、足首などに相当の火傷を負わせ、さらに伸治及び少年B(記録は実名)はなおもその顔面を多数回にわたって手拳などで殴打した>

 A子さんは拉致されて以降、毎日のように暴行された。食事もろくに与えられず、代わりにシンナーを吸わされ、ウイスキーや焼酎を一気飲みさせられていた。A子さんは、外傷性ショックにより亡くなった。

 犯罪史上稀に見る凶悪事件を起こした湊容疑者だったが、彼の刑は懲役5年以上9年以下の不定期刑。裁判では「しっかり反省して一生償っていく」と陳述していた。

 これほどの事件を起こした人物が、少年法に守られて出所した後に、再度事件を起こしたわけである。4年後の「18歳成人」を機に、少年法の対象年齢引き下げの議論が起きている。

 実は、主犯格少年Aも少年Bも出所後に、再び逮捕されているのだ――。

(週刊FLASH 2018年9月18日号)

あわせて読みたい

「殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。