記事

シャープ公式「災害時の家電の取扱」についてツイート 「今年は一体何度この案内をしただろう。どうか無事と安全へのご注意を」

9月6日に発生し、震度6強を観測した北海道地震。現在、北海道全域で停電が発生しており、道全域の電力復旧に少なくとも一週間かかると報じられている。

震災を受け、シャープはツイッター公式アカウントで「災害時の家電の取扱」について投稿した。

「・破損した太陽光パネルには触らない
・冠水した製品には通電しない
・停電時は家のブレーカーをオフ
・停電時は家電のコンセントを抜く」

停電復帰し一斉に運転を始めた場合、電子部品に悪影響が出る可能性も

画像はツイッターをキャプチャ

このツイートには企業サイトの「停電時の主な家電の取扱について」のページURLが添付されている。サイトによると家電製品全般の共通事項として「暖房器具や電気ポットなど発熱する電気器具は、いつ通電が再開してもよいようにコンセントを抜いておいてください」とある。

またモーターなどを応用した家電製品は起動時の電流が大きい。そのため停電から復帰した時に家電が一斉に運転を始めると、ヒューズ・ブレーカーが落ちたり、電気部品に悪影響が出たりする可能性がある。家電の故障を防ぐためにも、電源プラグを抜くことを推奨している。

その他、企業サイトには液晶テレビ、BD/DVDレコーダー、電話機、冷蔵庫など各種家電の取扱方法が記載されている。

「電気が復旧しさえすれば、問題なく使用できるはず。どうかお気をつけて」

同アカウントはツイッターで「今年はいったい何度この案内をしただろうと、途方に暮れそうになりますが、どうかあなたと、あなたの周りの無事と安全へのご注意を」と投稿した。一連の投稿に寄せられたリプライに対して、

「ブレーカーを優先的にオフにするように注意してください」
「電気が復旧しさえすれば、問題なく使用できるはずですので。たいへんだと思いますが、どうかお気をつけて」

と返信している。また同アカウントは今年6月に大阪北部地震が起きたときにも、災害時の家電の取扱について投稿している。壊れたソーラーパネルについてどのような危険があるのかを聞かれ、「パネルが発電していて感電する恐れがあるためです」と回答していた。

あわせて読みたい

「北海道胆振東部地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。