記事

物不足のキューバでコンドームが活躍、ヘアゴムや釣り用具の代替品


[ハバナ 5日 ロイター] - 基本的な生活用品が不足するキューバで、安価にもかかわらず魚釣り、ワインの発酵、タイヤのパンク修理、ヘアゴムなど多目的に使用できると重宝がられているものがある。ラテックス製コンドームだ。

米国による経済制裁を数十年間受けてきたキューバでは、旧ソ連方式の中央集権的経済が機能不全に陥っており、店舗には品物が並んでいないことも珍しくない。

だが、国内製やアジアから輸入されたコンドームは、比較的豊富に出回っている。キューバでは性の健康に対する関心が高いことが一因。政府からの補助金も価格抑制に一役買っており、コンドーム1箱(3個入り)がわずか1ペソ(約4.5円)だ。

耐久性と伸縮性に優れるラテックス製コンドームは、性感染症を防ぐ避妊具としてだけでなく、他の用途でも活用されている。たとえば、首都ハバナの美容院では、顧客の髪をたばねるヘアバンドとしてコンドームを利用。子供らの誕生日パーティーでは膨らませて風船にしたり、海岸では釣りの際に浮き代わりにもできる。

ハバナでは、ブドウの果汁の入った瓶にコンドームでふたをし、発酵させてワインを作っている即席醸造所もある。発酵に伴ってガスが発生するため、コンドームは膨らみ、破裂した時にワインが完成しているという寸法だ。

こうして作ったワインを自宅のガレージで売っているオレステス・エステベスさんは、この方法により「アルコール度数が高まるし、醸造過程も改善される」と話した。

あわせて読みたい

「キューバ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。