記事

仏与党支持率が低下、極右との差縮まる=世論調査


[パリ 5日 ロイター] - 週刊誌パリ・マッチその他フランスのメディアの委託で行われた5日発表のIFOP世論調査によると、来年5月の欧州議会選挙を控え、マクロン大統領率いる与党「共和国前進(LREM)」の支持率が20%となり、前回調査が行われた6月の23%から3%ポイント低下した。

一方、ルペン党首率いる極右政党・国民戦線(FN)の支持率は同19%から17%へとより小幅な低下となり、与党の支持率リードが縮まった。

調査は8月30─31日に行われたが、これより前には、マクロン大統領のボディーガードだった人物の暴行疑惑、経済の悪化を示すニュース、ユロ環境相の辞任など一連の問題が数週間にわたり表面化していた。

支持率が最も上昇したのはジャンリュック・メランション党首率いる極左「フランス・ アンスミーズ(不服従のフランス)」で、3%ポイント上昇の14%となった。右派の共和党は変わらずの15%。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    レムデシビル 世界で割れる評価

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。