記事

あけおめ・メリクリは死語 若者が引く年上からのメール言葉

「メリクリ」はギリギリ!?

 普段から無意識に使っているけれど、若者が聞くと「イタい」とオバさん認定されてしまう言葉がたくさんある。そんな“死語”について、本誌・女性セブンが10~20代の男女200人に緊急アンケート。その結果をご紹介。

 かけ声・間投詞で死語に近いのは、『タンマ(ちょっと待って)』や『おっはー』。

「『タンマ』は、学校で年配の先生に言われて初めて知りました」(17才高校生)

 一時大流行した『あけおめ』など“あいさつ短縮系”の使用にも注意したい。

「年上のかたからメールで『あけおめ』『メリクリ』と普通にくると、ビックリして多少引きます。知ってはいる言葉だけど、若者は絶対に使いませんから」(23才会社員)

 クリスマスに必ず『メリクリ』とメールしまくる記者Gはドロンしたい気分だ。知らない間に言葉がどんどん古くなる一方で、『ドロン』のように復活し、一周回って新しいという“ゾンビ語”もある。

 LINEでは、『そんなバナナ』『もちのろん』『冗談はよしこさん』などの「死語スタンプ」が人気だ。お笑い芸人で日本語学者でもあるサンキュータツオさんが指摘する。

「言葉は5年くらい経つと古くなり、新しい言葉と交じり合います。言葉の流行り廃りにはタイムラグがあるので、会社の飲み会などで『この言葉使う?』『これって死語なの?』と若者に聞けば、意外と盛り上がるはず。実は死語は、世代間のコミュニケーションにもってこいのアイテムなんです」

 死語を恥ずかしがるのではなく、「ネタ」として共通の話題にすればいい。タツオさんの提案に感銘を受けた記者Gは、死語を用いて若手との『飲みニケーション』を決意するのだった…って、それもほとんど死語ですから!

※女性セブン2018年9月13日号

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  2. 2

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  3. 3

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  7. 7

    田口容疑者の大麻所持に幻滅の声

    女性自身

  8. 8

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  9. 9

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。