記事

なぜホーキング博士は鬱から立ち直れたか

苦境に立たされたとき、どうやって抜け出せばいいのか。“車椅子の天才”と呼ばれた物理学者のホーキング博士は、若くしてALS(筋萎縮性側索硬化症)を発病し、その絶望からうつ状態になったという。だが博士はそれでは終わらなかった。編集者の桝本誠二は、博士の言葉から「自分の夢や目標に向かっていくエネルギーが死を遠ざける。自分が純粋に何をやりたいのか、把握することが大切だ」と説く――。

※本稿は、桝本誠二『ホーキング 未来を拓く101の言葉』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

(写真=AFP/時事通信フォト)

「人生100年時代」にホーキングに学ぶ

近年、人生は100年時代と言われるようになった。政府も「人生100年時代構想」と称し、“人づくり改革”を検討している。その中では、より高齢化社会になることを想定し、リカレント教育や高齢者雇用の促進などが議論されているのだ。

教育システムや雇用の受け皿ができようとも、それだけでは長寿社会を楽しむことはできない。どうしても病気や老化を避けて通ることはできないからだ。だからこそ、これからは、今まで以上に、「どのような苦境に立たされようとも、人生を謳歌するための心構え」が重要となる。

“車椅子の天才”ホーキング博士は、若くしてALS(筋萎縮性側索硬化症)を発病、余命2~3年と宣告されたが、それから55年を生き抜き宇宙の謎に挑戦し続けた。その人生から、人生100年時代を生き抜くヒントを考えてみたい。

突然のALS宣告で極度の鬱を発症

ホーキングが、少しずつ体の自由が奪われていったのは、オックスフォード大学からケンブリッジ大学大学院に進学する1年前あたりだった。なんでもない段差につまずいたり、平地で転んだりしたため、精密検査を受けた。するとALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断されたのだ。青天の霹靂に21歳のホーキングは絶望した。

極度のうつ状態に陥り、部屋に引きこもった。酒をあおり、ワーグナーに浸っていたという。若くして突然、余命2、3年と告げられたら、誰でも自暴自棄になるだろう。しかし、ここから天才物理学者との異名を持つほどになる道のりが始まるのだ。

「難題に打ち勝つには星を見上げてみること」

そのきっかけは、ある少年の死だった。彼が白血病で亡くなる姿を目の当たりにして、「どのみち死ぬ運命なら、多少はよいことをしたい」と思い直したのだ。

それでも病は徐々に彼の体を蝕んでいく。これまでは自由に動き回れた体の筋力が失われ、歩行困難になり車椅子の生活が始まった。顔の筋力が弱まり、まともに話せなくなった挙句、気管切開をされ、永遠に言葉を失った。

そんなホーキングは、ロンドン・パラリンピックの開会式で「難題に直面した時でも、足元を見ずに星を見上げてみよう」という言葉を世界に発信した。

「涙は足元に落ちるが、顔まで足元を向いてしまえば、輝く星が見えない。たとえ、難題の前に心が折れそうになったとしても、星を見上げよう。失敗しても気にすることはない。空を見上げ、諦めず、ベストを尽くせば、必ず道は拓ける」。こんな思いを持っていたのではないだろうか。この言葉は、まさに彼の生き方を表している。

70歳になったホーキングは、「この49年間、死と隣り合わせに生きてきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。やりたいことがまだたくさんあるからね」と言った。

いつでも夢や希望、目標を持っていたのだろう。ホーキングは、自分の夢や目標に向かっていくエネルギーが死を遠ざけるのだということを体現してくれた。だからこそ、余命宣告から55年間も人生を歩んでいけたのだ。

ここでいう目標とは、学歴や人脈、富ではない。何をやりたいかということだ。

「物理学を学ぶ場合、学歴や人脈はなんの意味も持たない。ただ『何をするか』だけが求められる」という。純粋にやりたいことが人生を彩るのである。

「いつか宇宙に行こうかな」と言い、老年、体の不自由な中、無重力の世界を体験した時の笑顔は印象的だった。いくつになっても、夢があれば、生き生きとしていられると実感させてくれた。

ホーキングは安楽死に肯定的だった

しかし、これほど前向きなホーキングも生来のプラス思考なわけではない。徐々に動かなくなる体を苦に思い、若い時には自殺を考えたことがあるという。

「人は動物を苦しませることはしない。では、なぜ人に対しては苦しみを強いるのか」

この言葉は、安楽死を肯定するホーキングのうめきだ。

現在、ベルギー、スイス、オランダ、ルクセンブルク、アメリカのオレゴン州、ワシントン州など5つの州と首都ワシントンで安楽死を認めている。尊厳死や安楽死を認める国と地域は広がり、2019年から、ハワイ州でも安楽死を認めるという法案が可決した。苦しみから人を解放させる風潮が広がってきたのだ。医療の発展とともに、人は長く生きることができるようになった。100年前であれば、とうになくなっている命も、現代では助けることができるかもしれないのだ。

日本では議論はあるものの、いまだ安楽死は認められていない。が、しかし堪えがたい苦痛のある末期患者の苦しみを排除するために行う「セデーション」がある。これは鎮静剤を打つことによって、苦しまず最期を迎えること。国内では、「この行為は安楽死ではないか」との議論はあるが、近い将来日本でも積極的安楽死を認める時代がやってくると思う。

いずれにしろ長寿社会になればなるほど、「生きる権利」とともに「死ぬ権利」が広く議論されることだろう。ホーキングの自身の体験から発せられた、この言葉は、これからの死生観を問うている。

ALSを機に人生の絶望を知り、またそこから最高の幸せを得たのが、ホーキングだ。

今は、死の淵をさまようことがなくても、体が不自由でなくても、近い将来、誰もがそうなる可能性を持っている。100年間も生きるのだから。これまでの人生80年とは大違いだ。だからこそ、私たちは100年時代を生き抜く新たな人生設計を立てなければならない。実はそれだけでは足りないかもしれないのだ。

ある研究者によれば、人間は120歳まで生きるだろうという。であれば、120年計画が必要となる。これまで人生は80年と考え、蓄えてきた老後資金では足りない。定年後の再就職だけではなく、再再就職まで考えなければならないかもしれない。パートナーとの関係もそうだ。

人生設計の見直しを迫られている

熟年離婚という言葉が生まれてから久しいが、人生120年と考えれば、当然のこととなるのではないだろうか。

いや、20代、30代は恋愛で結婚し、40代、50代では豊かな生活、潤沢な教育費などの金銭面で再婚、70代、80代では老後、緩やかな生活を一緒に楽しむパートナー選びというように、バツ2、3回結婚が常識とやるかもしれない。旧刑法では、姦通罪として処罰されていた時代から、不倫が月9ドラマのテーマとして主婦層の人気を集める時代に変わった。だからこそバツ2、3回結婚が人生の定番となるのも夢ではない。そのための心算は必要になる。

ともかく人生設計を見直さなければならないのは確かだ。

極度のうつ病になろうとも、あらゆる苦難を乗り越え、最期まで自分のやりたいことをまっとうしたホーキングの生き方こそが、リカレント教育の基本精神なのではないかと思う。表層的なものばかりに目を奪われていたのでは、長寿社会を豊かに過ごすことはできないだろう。

人生100年時代に向けてホーキングから学ぶとするならば、どんな苦境に立たされても、諦めず、いくつになっても希望と夢を持ち、歩んでいくということだ。

----------
桝本誠二(ますもとせいじ)
クリエイターズアイ代表取締役

1973年生まれ。広島県出身。ビジネス書、ノンフィクション書籍の執筆・編集の他に出版プロデュース、出版コンサルタント・セミナー、企業コンサルタントを行っている。著書に『課長・部長のためのビジネス戦略の基本』『図解&事例で学ぶ問題解決の教科書』(共にマイナビ出版)、『広島カープの「勝ちグセ」戦略』(ぶんか社)などがある。

----------

(クリエイターズアイ代表取締役 桝本 誠二 写真=AFP/時事通信フォト)

あわせて読みたい

「うつ病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  5. 5

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  6. 6

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。