記事

「災害のなか日本のために働く人は尊い」という賛美の危険性。


「日本のために働いてくれてありがとう!」

という賛辞の裏では、十分な報酬をもらえず命がけで働いている人たちがいるわけですね。

彼らが心からの「やりがい」を感じているならいいですよ。

災害支援NPOとか素晴らしいし、ぼくも寄付してます。

が、仕方なく経営者からその仕事をやらされているとしたら、普通に悲惨じゃないですか。

これは決してバカにしているわけではなく、しょせんは「労働者」ですからね。

経営者が命がけで働くならまだしも、一介の労働者(年収300〜500万円)が「日本のために命がけで働くんだ!」なんてのは、経営者に搾取されてるとしか思えないです。

むしろ「こんな賃金で命がけで働かせるなんて、経営者はおかしい!」とキレるのが普通じゃないですかね……。

「日本の安寧」が安い労働力を使った搾取で成り立っているとしたら、それは唾棄すべきことです。

そもそも人は命がけで働くべきではないし、どうしても人間が必要なら、それに見合った高報酬を与えるべきです。

もしも高報酬の負担が消費者がのしかかるとしても、それは社会を維持するコストとして容認されるべきです。


こうした構造を見落としたまま「命をかけて日本のために働く人たちはえらい!ありがとう!」と安全な自宅から礼賛するのは、厳しくいえば、愚鈍な悪だと思うんですよねぇ。

あわせて読みたい

「災害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。