記事

フェイスブック・ツイッター幹部「事業は政治的影響受けず」=議会証言原稿


[ワシントン 4日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>とフェイスブック<FB.O>の最高幹部は、5日に下院エネルギー商業委員会で行う証言で、事業は政治的な影響を受けていないと主張する予定だ。証言原稿が4日に公表された。今回の証言は、ソーシャルメディア企業のコンテンツ監視の方法について共和党議員から懸念が示されたことを受け行われる。アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は、同社トップによる証言を拒否した。

ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は、同社が「いかなる決定にも政治的な考えを用いることはない」と述べる予定。原稿によると、ドーシー氏は「シンプルなビジネスの観点から、そして公共の意見交換の場を提供するため、ツイッターはすべての声をサービス上に載せることを方針としている」などと指摘した。 トランプ大統領は7月、根拠を明らかにせず、ツイッターが有力共和党員らの投稿の表示を制限していると批判した。 フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)の原稿によると、ロシアがソーシャルメディアを介して2016年の米大統領選に介入しようとした問題で、同社の対応が後手に回ったと不備を認める方針。 その上で、サンドバーグ氏は「これまでに取った対応は、こうした介入を阻止するためにわれわれができることをすべてやるという決意を示している」と述べている。 同社が偽コンテンツを突き止める手段を向上させたほか、セキュリティーなどを担当する社員が2万人以上に上ることにも証言で触れるという。

ロシアは米大統領選への介入を否定している。ツイッターのドーシーCEOは、上院情報特別委員会でも証言する。

一方グーグルは、法務責任者であるケント・ウォーカー氏の出席を提案したが、下院エネルギー商業委員会は企業の意思決定者の出席を望むとして拒否した。

上院情報特別委員会のリチャード・バー委員長は今回の議会証言について、米国の選挙に対する海外からの介入問題の解決策に重点が置かれると説明。「これを、政府全体や民間セクターからの強力な介入とみなさなければ、問題を理解することはできない」と述べた。

グーグルは、ウォーカー氏が5日にワシントンを訪れ、議員らと会談することが可能だと説明した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  4. 4

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  6. 6

    グレタさんCOP25で西側政府糾弾

    ロイター

  7. 7

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  8. 8

    現金の1.7倍 使いすぎる電子決済

    ベネッセ 教育情報サイト

  9. 9

    神戸限定で人気 子供バッグの謎

    清水かれん

  10. 10

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。