記事

中国でアフリカ豚コレラ感染拡大 大量殺処分、韓国でも検出

近隣諸国への拡大に警戒が必要

 中国では8月初旬から、「アフリカ豚コレラ」に感染する豚が急激に増加しており、国際連合食糧農業機関(FAO)では近隣諸国への感染拡大を警戒する声明を発表した。

 すでに、韓国ではアフリカ豚コレラのウイルスの遺伝子が検出されており、東南アジアや朝鮮半島のほか、中国産の豚肉や加工食品を輸入している日本などの国々にも注意を呼びかけている。フランス通信(AFP)が報じた。

 アフリカ豚コレラは豚やイノシシが感染する伝染病で、感染すると出血熱を発して暴れるようになり、最終的には死に至る。人には感染しないが、治療薬はいまだに開発されておらず、殺処分するしか解決方法はない。

 中国では8月初旬に東北部の遼寧省でアフリカ豚コレラに感染した豚が発見され、8月27日現在、2万4000頭が殺処分されている。

 FAOは5月、ロシアで発生したアフリカ豚コレラが拡大する恐れがあると警告を発しており、なんらかの形で、ロシアから中国にウイルスが広がったもようだ。

 その後も、急速に感染が拡大しており、中国東部の江蘇省連雲港でもアフリカ豚コレラに感染した豚が見つかり、8月下旬の1週間で1万4500頭の豚が殺処分された。

 FAOでは「このままでは、短期間に中国国内はおろか、半径約1000kmの範囲で感染が急拡大する可能性がある」と警告している。

 韓国の聯合ニュースによると、韓国政府は27日、中国遼寧省瀋陽から帰国した旅行者が持ち込んだ加工食品から、アフリカ豚コレラのウイルスの遺伝子が検出されたと明らかにした。加熱された食品で、伝染の可能性は低いとみられるという。

 遼寧省は北朝鮮と国境を接しており、朝鮮半島への感染拡大が懸念されている。かりに、北朝鮮にアフリカ豚コレラの感染が拡大すれば、食糧不足に悩む北朝鮮国民の生活を直撃することも考えられる。FAOは近隣諸国にも警戒を呼びかけているほか、日本の農林水産省も畜産関係者に注意を喚起している。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  2. 2

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  6. 6

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  7. 7

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  8. 8

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  9. 9

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  10. 10

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。