記事

成毛眞『amazon』肴に「アマゾン」を語る(下) - 成毛眞

1/2

[ブログで画像を見る]

 AWS(アマゾンウェブサービス=アマゾンが提供するクラウドコンピューティングサービス)はすごい革命を起こしました。

 それまでのインターネットの仕組みは、例えば私がメールを見たければサーバーに聞いてみて、いいですよという許可があって見ることができるというのが基本で、会社内でのネットの仕組み、例えば経理システムとかも、会社内にあるサーバーでやり取りをして使うというのが今までのものでした。銀行のシステムもIBMとかが一生懸命に、何年も何百万円もかけて依頼元の会社のためだけにつくっていた、というのがこれまでの仕組みだった。

 ところがAWSは、世界の頭の上にクラウドを1個つくっておいて、それをそれぞれの会社、例えばうちは銀行のシステムが欲しいと言ったら、数十分で、しかもすごく安い料金でそれを用意してくれる。しかも、アメリカと日本で同じオーダーがあっても時差があるから、アメリカで使っているときは日本の分は使わなくていいとかが可能で、世界中でコストがカットできることもあるという、すごく革命的なものになりました。

ケーブルもサーバーも電気も自前で

 このクラウドコンピューティングを支えるための2つのコンポーネントがあって、1つはネットワークです。アマゾンもグーグルもマイクロソフトもソフトバンクもそうだと思いますが、海底ケーブルを合計何百本も持っている。日本から出ている、アマゾンが所有もしくは分割所有している海底ケーブルは、対アメリカが4本かな、それ以外に韓国に2本、中国に2本か3本ぐらいある。さらにアジア方面に何本とかで、全部で22~23本の海底ケーブルを持っているんです。分割所有もありますから、一緒にグーグルが持っていたりすることもあるんですが。

 つまりアマゾンやグーグルやマイクロソフトは、昔、NTTとかKDDIに通信料を払っていました。でもそれではもう全然足りない。ならば自分で通信会社を持ったほうがいい、通信設備持ったほうがいいということで、海底ケーブルを持ち始めています。

 コンポーネントのもう1つはサーバーです。サーバーがないとクラウドは成立しませんが、そのサーバーは世界中どこにあってもいいわけです、ケーブルでつながっていますから。ではサーバーを設置するのはどこがいいと思います?

 北の地域です。なぜ北か、理由は単純です。サーバーはものすごい熱を出します。その熱を冷却するためにとてつもないクーラーが必要になります。だから気候が寒ければ寒いほどいい。一番いいのはアイスランドとかですよね。

 もう1つの理由は、電気料金の問題。だからできるだけ寒くて電気料金が安いところがいいわけです。日本の電気料金どのぐらい高いか御存じですか。OECD(経済協力開発機構)諸国平均の2倍で、アメリカの3倍ぐらい。韓国の2倍。フランスから見ても2倍ぐらいだと思います。産業用ですらこの高さですから、民生用はもっと高くなってしまいます。日本はオーバークオリティーで、停電も100分の1秒瞬断みたいなものもなく、電気力のクオリティーがいいけれども高い。

 日本ではこのクソ暑い中で、コンピューターを社内で持っている。かつ電力料金が倍で、とりわけ銀行だとか、情報の塊みたいな業種でまだそれをやっていますが、それにはコストがかかります。なので、最近は多くのメガバンクも含めて、クラウドにどんどん移行しています。

 クラウドに移行すると次に何が起こるか。クラウドをやっている会社も、地球上にあまりにもサーバー多すぎて、どこの物理サーバーがプロセスを起こしているのかわからないんです。

 アマゾンに発注しているのは銀行とか普通の会社だけではなくて、アメリカのCIA(中央情報局)とか、国防総省などもある。アマゾンのAWS、マイクロソフトのアジュールも使っていますが、かなりいろんな会社、もしくは組織で使っているので膨大な計算量なんです。そのためには膨大なサーバーが要ります。今は1000万台ぐらいは持っているんでしょうね。

 物理サーバーを1000万台持つと何が起こるか。まずは電力を起こす必要がありますから、アメリカにあるリージョナルデータセンターの横に、自社の発電所を持っています。バックアップ発電所ではなくて本気の発電所ですよ。

 それから保有台数が1000万台ともなると、彼らも「あれ?」と思うわけです。もしかして、いちいちヒューレット・パッカードからサーバーを買うより、俺たちでつくったほうがよくないか、という話になって、ついに自分たちでサーバーをつくり始めました。こちらのほうが安いし、自分の好きなものをつくれる。

 それでも、CPU(中央演算処理装置)とかGPU(画像演算処理装置)はインテルなどから買っていたわけですが、それも途中で気が付くわけです、CPUも自分でつくったほうが安くないか、と。

 ですから、彼らが何をやっている会社かは本当にわからなくなっています。日本で言うと、ちょっと昔のKDDIプラスNEC・富士通プラス日立製作所プラスNTTデータプラス野村総合研究所みたいな感じ。アマゾンはそういう規模の会社になりつつあって、見ているだけも怖いですね。

クラウドのビッグスター

図1

 アマゾンの売上高を見ると、AWSの割合は小さいですね(図1)。本とか家電とか売っている、見かけのアマゾンと比べると全然小さいですが、純利益的にはとんでもない数字を出している。

 アマゾンは利益だけで見ると、やはりITの会社なんです。普通の99%の人からすると、「ああ、楽天みたいな会社」と思う。でも全然違うITの会社だったりするんです。

 マイクロソフトは2014年にサティア・ナデラという人がCEO(最高経営責任者)になって、非常に調子が良くなった。データを見ると、マイクロソフトの株価はビル・ゲイツの時代に上がってきて、天井に達した瞬間に1円も上がらなくなってしまった。そしてナデラのときに再びガーンと上がる。なぜナデラ時代に株価が再上昇し始めたのか。

 Windowsに固執しないでクラウドを始めたからなんですね。今のところアメリカのIT業界では、少なくともマイクロソフトとアマゾンが、クラウドのツインビッグスターなわけです。

 クラウド業界のシェア。先ほどの見方で見るとすごいですね。エンジニアだったら、勤めるのはアマゾンのほうがいいかもしれないと思ったりしますが、シェアが50%近くなるとつらくなります。落とすことの恐怖のほうが、シェアを上げる恐怖より大きくなるんです。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  7. 7

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。