記事

成毛眞『amazon』肴に「アマゾン」を語る(上) - 成毛眞

1/2

[ブログで画像を見る]

 この『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)という本ですが、ご承知のとおり、私はIT企業のマイクロソフトの出身ですから、ITに関する知識は少しはある。そういう立場で見ると、IT業界の人は、アマゾンはAWS(アマゾンが提供するクラウドコンピューティングサービス)だと思っているんです。逆に言えば、AWSをやっている会社がアマゾンだ、と。

 一方で消費材を作っている会社とか流通業者から見ると、アマゾンはスーパーやコンビニと同じような小売業であって、「コンピューター関係のことなんてやってるの?」などと言う。感覚のいい人は両方やっていることは知っていますが、アマゾンがどんなことをしているのかについてご存じない方がかなりいっぱいいることに気がつき始めたんです。

 例えば株式関係者からすると、アマゾンの株を買う買わないということではなく、アマゾンがM&A(企業の合併・買収)する対象の会社がどこなのか、アマゾンがこんな戦略を持っているからそれに該当する会社の株を先回りして買ったり空売りしよう、という対象なんです。

アマゾンの事実だけを伝える

[ブログで画像を見る]

 本にも書きましたが、「デス・バイ・アマゾン」というインデックスがあります。インデックスというのは金融用語で言うところの指標ですね。これは何かと言うと、アマゾンが競合している会社で空売りされていて株価が下がっている会社のリストのことです。アメリカの場合、これを知らない金融マンはいない。そしてアマゾンが次に何をするのかはアマゾンの社員ですら知らないので、今後については未来を予測するしかない、みたいなところがある。

 だとしたら、アマゾンを皮肉ったり批判したり、こうあるべきだという意見を言うよりは、池上彰氏が番組で使っているような、ただ事実だけを伝えるという手法と同じにしようと思ったんです。だからこの本ではアマゾンをいいとも悪いとも書いていません。今後どうなるかも書いていない。ただ池上氏と同じで、皆さんのあんまり知らないだろうことを書きました。

 イベントや映画のチケット予約、意外と面倒くさいですよね。こういう時にアマゾンにサービスがあったらすごく便利かもしれない、と思いませんか。

 たとえば「成毛 amazon」と検索したら、この本と一緒に今日のイベントも出てくる。行こうと決めてボタンを押すと、そのままアマゾンに飛んで決済できる。

 こんなに簡単にアマゾンで予約できたら、イベントのケアをやっている会社はつぶれると思いません? 私は瞬殺されると思います。映画は複雑なシステムですから別ですが、イベント関連は危ない。ただ、アマゾンはこのことに気がついていないかと思います。

 そういう類いのことがこれから起こるんだろうと思うんです。そうなると、アマゾンがこれから始めようとする事業に関連する、吸収されたりつぶれそうな会社の株式を当然空売りするべきだし、そうすればすごくもうかります。それを可能にするアマゾンという会社は一体何なのかを、具体的に書こうというのが、この本の目的なのです。

巨大な時価総額

 アマゾンというと、まずは書籍販売を思い起こすわけですが、出版社にとっては、アマゾンは味方じゃないかもしれないけど敵でもない。書店にとっても、味方じゃないけど敵でもない。実はスーパーマーケットも同じように思っているふしがあります。

 本の中に詳しく書きましたが、アメリカの小売業におけるネット通販のシェアは、実はそれほど大きくなく、10%ぐらいだと思います。残りは現場の小売りなんですね。さらにアマゾンはそのうちの4~5割ぐらいしか持っていませんから、ものすごく小さいんです。だから、実際に独占禁止法を適用させようとすると、やれるならやってみな、ぐらいの大きさでしかない。

 それもあって、ポイントとしては、アマゾンは一体、本当の脅威なのかどうかわからない、というところから始まります。

 この本は大学1年生でもわかるような内容にしてありますから、ビジネスマンもしくは株をやっている人であれば、こんなこといちいち図版に起こすなよということまで図版にしてあります。

図1

 たとえばこれは空売りの仕組みです(図1)。この仕組みがあるからこそ、先ほどから言っている、アマゾンによって滅ぼされる可能性がある会社の株を売ったり空売りすることで、もうけを出している金融マンたちがアメリカにはいっぱいいるということを説明しようとしています。
 アマゾンは、時価総額的には結構大きいですよね。アップルを抜くのは時間の問題だと思います。実はこの1、3、5位を「GAFA」と言う人が多いんですね。グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルですね。

 それにしても、トヨタ自動車は日本最大の企業なのに、時価総額は24兆円にしかならない。あれだけものをつくって、世界中に工場つくっているのに、気の毒といえばほんとに気の毒です。
 マイクロソフト日本法人の社長をやっていたときに、マイクロソフトの時価総額の予想額が、年によって70兆円ぐらいまでいったことがあります。そのころ――当時トヨタが20兆円、日立製作所が10兆円ぐらいあったんじゃないですかね――に、ビル・ゲイツに冗談で「ビル、日立とかNECとか買っちゃったほうがいいんじゃない、株式交換で」って言ったことがあります。そしたらビル・ゲイツが言うには、「成毛、それはやめておいたほうがいい。そうすると日本のマイクロソフトの社長は、今のNECの社長になるからお前はクビだ」と(笑)。。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。