記事

セクハラ財務省に現われた美人広報室長のお役目

【抜擢された城田郁子氏(時事通信フォト)】

「そちらにお座りください」──静かだが、圧を感じる口調でてきぱきと会場を仕切る。男性が8割方を占める会見場で一際目立つ凛とした女性がいた。

 麻生太郎・財務相が部屋に入ってくるまではピッタリ寄り添っており、それ以後は入口で麻生氏の会見を見守っていた。全幅の信頼をおかれているのか、麻生氏は落ち着いた物腰で、表情は心なしか緩んでいるように見えた。

 森友学園関連の文書改竄問題やセクハラ騒動などの不祥事を受け、財務省ではコンプライアンス推進会議が設置された。7月31日に開かれた初会合では、麻生大臣のほか、各局の総務課長が顔を揃えたが、会議の後には、出席者から「国民に理解される組織に変わらないといけない」といった発言が相次ぐなど、“地に堕ちたナンバーワン省庁”が少しずつ変わり始めている。

 そうしたなかで、信頼回復に大きな役割を果たすと期待されているのが、7月17日付で広報室長に抜擢された城田郁子氏である。

 広報室長は、大臣会見の時間管理から、不祥事が起きた際の対応に至るまでを取り仕切る“省の顔”だ。“男社会の軍隊組織”と揶揄される財務省にあって、2001年入省のアラフォーである城田氏は「初の女性広報室長」となった。官僚組織に詳しいジャーナリストの小泉深氏は、この人事を次のように評する。

「大臣官房文書課の広報室長は、通常はエリートコースである主計畑を歩んだキャリア官僚が抜擢される。城田氏は主税局で第一課長補佐や首席監察官を務めるなど主税畑にいたので、本来なら進むコースではなく、その点でも異例のことです。過去には広報室長を経て文書課長、秘書課長という事務次官の登竜門ポストに出世した官僚もいます。城田氏への期待は相当大きい」

“石を投げれば東大法学部卒に当たる”といわれてきた財務省で、彼女が慶應大学法学部出身であることも目を引く。

◆穏やか、冷静、そして酒豪

 城田氏の抜擢の理由については、「森友問題で財務省の内部調査を行なう際、首席監察官を務めていた彼女の手腕が評価された」といわれる一方、“別の狙い”があるとも囁かれている。

「広報室長は月に1~2回、マスコミ各社との飲み会を開くことになっていて、当然そうした席には女性記者も複数います。福田(淳一)前事務次官のセクハラ問題に対するあまりに酷い対応を見て以降、反発する女性記者は少なくない。彼女たちを懐柔したいという狙いや、女性が仕切り役になればセクハラは起きないだろうという考えがあるのだと思います」(財務省担当記者)

 記者たちへの対応だけでなく、省内の変化にも一役買っているとする声もある。ある財研記者がいう。

「閣議後も、官邸での記者会見が多かった麻生財務相が7月下旬以降、財務省の会見室で会見するようになったのは城田氏が広報室長になったからでは、ともいわれています」

 城田氏とは一体、どんな人物なのか。彼女との酒席に参加したことのある記者は、印象をこう語る。

「昔からとにかく美人で有名でしたが、穏やかな語り口で、常に冷静。服装もモノトーンのブラウスにスーツ用のスカートといった地味な感じですが、酒はかなり飲んでいましたね。表情を変えずに淡々と。自分の考えははっきり話すタイプ。彼女は、自分は既婚者だと話していましたが、『女性がどうすれば結婚してからもキャリアを追い続けられるか』というテーマを熱心に語っていました。『今の時代、キャリアだけを追い求めるのはナンセンス』と言っていたと思います。でも自身のキャリアパスもきちんと見据えていて、芯の強さを感じましたね」

 記者クラブの記者らの懐柔も、着々と進んでいきそうだ。

◆採用パンフに「ミス一橋」起用

 財務省が女性広報室長を起用してイメージ転換を図り、マスコミとの関係を急ピッチで改善しようとしているのは来年10月に「消費増税」が控えているという理由がある。

 城田氏には、「マスコミを巻き込んで世間の増税への反発を和らげる」という重大任務も与えられているとみていいだろう。

 さらに、今年度の採用パンフレットには城田氏のメッセージが写真入りで大きく掲載されるなど、まさに彼女を“顔”としてフル活用しようとする同省の姿勢が窺える。

 そこで城田氏は、〈私生活により比重を置きたい時には、(中略)省内でフレックスタイム制やテレワークを推進したり、業務の見直しを進めたりしています〉と綴っている。

 他にも、若手職員インタビューのページでは、「ミス一橋」の職員が登場するなど、“働きやすい職場”をアピールしている。

 城田氏に、広報室長としてどんな役割を果たしていくつもりなのかを聞くべく取材を申し込んだが、回答は得られなかった。

 城田氏は8月号から財務省広報誌『ファイナンス』の編集責任者を務めている。その“就任第1号”の表紙には巻頭言のタイトルとして〈「強いメンタル」とは〉という文字を大きく掲げた。城田氏自身は編集後記で、〈財務省の政策についてわかりやすい説明と発信を心がけると共に、それが皆様にどのように受け止められているのかという視点を大切にしてまいりたい〉と決意を綴った。

「出直しの旗印」となった女性広報室長は背負った大任を果たせる“強いメンタル”の持ち主なのか。

※週刊ポスト2018年9月14日号

あわせて読みたい

「財務省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。