記事

北海道警がひた隠す「下半身露出警官」の父親は署長だった

【警察不祥事のデパート(時事通信フォト)】

 札幌市南区の歩道で下半身を露出し、自慰行為をした公然わいせつの疑いで逮捕、8月24日に起訴されたのは苫小牧署の巡査部長・山尾優太被告(26)だった(28日付で依願退職)。この事件にはさらに報じられていないことがあった。地元ジャーナリストが言う。

「北海道警本部で容疑者逮捕(8月7日)の発表が21時だったんです。遅い時間を不審がった記者たちが調べたところ、巡査部長の父親が札幌中央署の署長だとわかったが、今後情報をもらえなくなることを恐れたのか、親子関係について触れたメディアはなかった」

 そんななか、24日付で父親である札幌中央署長の山尾博司氏が札幌市警察部長兼警務部参事官兼サイバーセキュリティ対策本部長に異動することが発表された。

「春の定期異動以外で署長が異動するのは異例。しかも山尾署長は3月末に就いたばかりだったので、“事件を受けて目立たない役職に異動させたのでは”ともっぱら。さすがに北海道新聞などが署長は逮捕された巡査部長の父だと触れましたが、道警はいまだに親子関係も異動理由も明らかにしていません」(同前)

 成人した息子の犯罪と父親は無関係というつもりかもしれないが、山尾被告の父親は全道最大の署のトップであり、道警全体で考えれば“上司と部下”だ。山尾被告は逮捕された6月の行為に加えて、昨年9月、12月にも同様の行為をしたとして起訴され、「数年前から繰り返していたと供述している」(捜査関係者)という。

 いずれも犯行現場は博司氏の自宅近くで、周囲では下半身を露出する不審者情報が複数報告されていた。近くに住む女性は言う。

「6月の事件では小学校の前に車を停めて出てきたので目撃した中には小学校低学年の女の子もいたんです。逮捕されたのが警察官だと聞いて愕然としました」

 道警に山尾被告と父親の関係や異動理由を尋ねたが「職員のプライバシーに関することはお答えできません。従来から人事異動の理由について説明しておりません」(道警本部)とする。

 自宅に帰ってきた父の博司氏に直撃すると、「大変申し訳ないというだけです。それ以上のコメントはありません」とだけ答えた。

 北海道警察といえば、2003年に発覚した組織ぐるみの裏金事件をはじめ、“警察不祥事のデパート”と批判されてきた暗い歴史がある。“身内”に甘い体質は今も変わらないのか。

※週刊ポスト2018年9月14日号

あわせて読みたい

「警察不祥事」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  10. 10

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。