記事

あらゆる詐欺を生業としてきた男が還暦を前に後悔する理由


 病は治るが癖は治らぬというが、犯罪についても似たようなことが言える。詐欺のニュースで逮捕された容疑者の名前を調べると、若い頃から同じような詐欺を繰り返していることが少なくない。引退を決意したときになって、家族も詐欺以外の生き方を無くしてしまったことへの後悔を語る男の告白を、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
「正直、やめるタイミングを見失ったという感じでしょうか。妻も知っているというか……妻もシゴトを始めてしまい……」

 東京都内に住む宮本浩介さん(仮名・50代後半)は、古くは電話加入権融資からリフォーム詐欺、最近ではリゾート地購入権詐欺や投資詐欺などあらゆる「詐欺」を生業としてきた。書類送検されたことは数あれど「ブタ箱(※留置場)にぶち込まれたことはない」(宮本さん)というのが、酒の席での自慢話だ。債務整理や自己破産も経験したが、これまで被害者に弁済した金はゼロだ。

 妻や妻の親族らと共謀し、資産だけはどうにか保全してきたという。今は「新たな仕事」を模索中だというが、本音の部分でいえば「もっと正直に生きてきたかった」と感じているという。

 宮本さんはなぜ詐欺師となり、やめられなかったのか。

「遡れば、きっかけは1980年代後半のバブル経験です。大学を出て不動産会社に就職し、年収は3000万を超えていました。通勤は会社から出るタクシーチケットで、飲みも遊びも全部会社の経費。年に三回も社員旅行があった。でも、会社は裏で“架空の土地取引”などを行い、損失が出たと見せかけて脱税もしていた。ただ、それが最後までバレなかった。バレなきゃやらないと損でしょ、という感覚はここで培われたのかもしれない……」(宮本さん)

 その後、バブルが弾けると会社はあっさり倒産。突然、放り出された社員は路頭に迷うか、と思われたが違った。全員がバブルでおいしい思いをしてきた連中だ。高い生活水準を維持すべく、元社員が一丸となって立ち上げた会社こそが「詐欺の総合商社」ともいえる会社だったのだ。

「固定電話を持っている人々に融資するという仕事が最初でした。今でいう少額の闇金です。1990年代には自家用車融資、090金融もやりましたが、警察など当局の縛りがきつくなってきてからは、ホンモノの詐欺に手を出しました。最初は金融がらみの詐欺。債券や権利書、手形をだまし取る"パクリ屋"から始まって、頭を使わないリフォーム詐欺、投資詐欺……。我ながらいろいろやってきたなあと思います」(宮本さん)

 年収三千万の派手な生活は捨てられない。そう思った元社員らは、懸命に「詐欺」をやることでその生活水準を死守してきた。とは言え人間である。その間に、良心の呵責にさいなまれることも間々あった。

「取り立てに行くと相手が自殺していたりする。通夜や葬式にまで行って取り立てることもありました。ここまでやっていいのか……。そう思うことはありましたが、手前の生活の為だけじゃない。妻や子供、同僚や部下の為にも、やらないという選択肢はありません。しかも詐欺以外のスキルはゼロ。生きるためには詐欺を続けていくしかないと思いなおし、開き直ってやってきたんですね」

 40代の頃、とある詐欺事案で警察の世話になったとき、担当の刑事から諭された。

「デカ(刑事)に言われました。家族や子供に誇れる仕事をしろと。このままでは俺が死んだとき、誰も泣いてくれないし、まともに葬式も挙げられないかもしれないよと。年も年だし、詐欺やるのもパワーがいる。貯金はあったし、思い切って詐欺から足を洗い、土木作業員でも何でもやってやり直そうと決意し、嫁さんに相談したんですけどね……」

 妻の反応は「今更やめられても困る」という意外な反応だった。元々妻は、バブル時代に勤めていた不動産会社で横行していた犯罪行為も、その後仲間と立ち上げた詐欺会社についても否定的だった。シゴトのことがきっかけで口論になることもあった。

「昔は“まっとうな仕事をして”と言われていたのに、今では詐欺を続けろと……。俺が言うのもなんですが、正直ショックでした。俺はまともじゃなくてもいいから、嫁や子供はまともでいてほしかった」

 なんとも自分勝手な詐欺師の戯言、かもしれないが、妻や子供は、宮本さんが思っていた以上に「詐欺」の上に胡坐をかいた生活に慣れ切っていた。毎日毎晩の外食。休日、妻は友人らと銀座や表参道へショッピング。子供も富裕層の友人らと海外旅行に出かけるなど青春を謳歌している。全員がうっすら「汚れたカネ」で食べている事実に気が付いていたが、いつからか開き直ったのか、麻痺したのか……。

「子供が高校、大学と進学するし、嫁さんの生活はどんどん派手になる。整形手術までしています」

 50代になりたての頃、宮本さんは会社の玄関先で倒れた。脳梗塞だった。

「もう引退……神様が許してくれてないんだと思いました。しかし妻は許してくれなかったのです。入院先へもほとんど見舞いに来ないで、自分でシゴトを始めちゃったんですから……。因果応報でしょうが、悲しくなりました」

 ちょうどその頃流行っていたのは、ネット上で「宝くじが当たりました」というDM(ダイレクトメール)やウェブサイトへの誘導を行い金をだまし取る詐欺、さらに情報商材販売によって多額の金を無数の人から巻き上げる、というシゴトだった。妻は、体に自由の利かなくなった宮本さんに代わり、これらのシゴトを始めてしまったのだ。

「嫁さんは今では、情報商材販売系の人脈をずいぶん広く持っているようですね。収入もかなりあるんでしょうけど、俺は詳しく知らない。家に帰っても嫁さんはいないし、どこで生活しているかもわからない。嫁さんがこうなったのも俺のせいでしょう。子供も、嫁さんに言われてなんか変なことをやっているようだけど、俺が何か言える義理もないし……。今考えれば、あの時辞めておけばよかったというタイミングはいくらでもある。すべてを捨ててまっとうになってりゃ、こうして家族まで失うことはなかったと思うとね……。もうどうしようもない」

 目に涙を浮かべ話す宮本さんの前で、筆者も思わず同情的になってしまいそうだったが、違う。宮本さんに泣かされ、追い込まれ、命を落とした人もいるだろう。自身に不幸が訪れたことでやっと現実に気が付き、都合よく自分の為だけに後悔している宮本さんに、同情の余地は全くない。自ら選択し続けてきたことでハマってしまった負のスパイラルの中で、宮本さんは生き続けていくほかないのだ。

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。