記事

ハーバード大での「アジア系入試差別」 知っておくべき裏話

先日米国の司法省がハーバード大は入試においてアジア系が不利になるような選考プロセスを使っているとして原告側を支持しました。

具体的には「リーダーシップとか社交性などのアジア人が不得手とする評価項目を盛り込んで、わざとアジア系を排除しようとしている」というわけです。

この民事裁判の審理は10月からボストン地裁で開始されます。

さて、我々日本人が知っておくべきポイントは「ここでの原告側って、一体、誰?」ということです。

その答えはStudents for Fair Admission(SFFA)という団体です。それを組織したのはエドワード・ブラムという人で、彼は長い間、アファーマティブ・アクションに反対する運動を展開してきました。

アファーマティブ・アクションと日本語では積極的優遇措置と訳されますが黒人のように経済・家庭面でハンデのある人にもアイビーリーグをはじめとした高等教育機関で学べるチャンスを与えないと階層が固定化し、アンフェアな社会が出来上がる……だからそれらのマイノリティーの人たちには入試などで下駄をはかせることで機会を与えようという考え方です。

なおエド・ブラムはかつてアジア系移民の投票権賦与に反対のキャンペーンを展開したこともあるのでアジア人の友達というわけではありません。

2015年にエド・ブラムはアメリカの中国人コミュニティーを回って「私はアジア人の原告を必要としている。誰か私に代わってハーバードを訴えてくれないか?」と働きかけました。そして「あなたたちは差別されている」と入れ知恵したわけです。

エド・ブラムの本当の目的はアファーマティブ・アクションを違法とし、黒人やラテン系を大学のキャンパスから締め出すことにあります。

もっと言えばウブな中国人はエド・ブラムにたぶらかされてハーバードを相手取って訴訟しているけれど、いずれハシゴを外されるということ。

つぎに「本当にアジア人は入試で差別されているのか?」という点もじっくり考えて見る必要があります。アメリカに住むアジア系は人口の6%であり、ハーバードの今年の新入生の23%がアジア系です。するとアメリカ全体の人口との比較に於いては、アジア系が差別されているとはとても主張できないのです。

ただカルテックなど他の大学ではアジア系の比率がさらに高いので、「もし全部公平なテストをすればアジア系比率はずっと高くなるはずだ」という主張を展開しているわけです。


【お知らせ】
広瀬隆雄のnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまで。

あわせて読みたい

「ハーバード大学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  3. 3

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  9. 9

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  10. 10

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。