記事

ZOZOマリンで「売り子ペナントレース」、その白熱と売る工夫

笑顔を絶やさず歩き回るミシェリさん

ミシェリさんはサワー担当

始業前の全体ミーティング

 ペナントレースも後半戦に入ったプロ野球界ではCS出場をかけた熾烈な戦いが続くが、スタジアムでは美女たちによるもう一つの“熱闘”が注目を集めている。それは千葉ロッテマリーンズが今年から始めた球界初の「売り子ペナントレース」だ。

 ロッテの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」でビールやサワーを売り歩く「ビールの売り子」88人が、年間の総売り上げ杯数を競い合っているのだ。現在トップの女性は「1万890杯」を売り上げているという。最終的な優勝者には、ハワイへの往復ペアチケットが贈られる。

 今回はそんな競争の知られざる“裏側”に密着した。彼女たちの1日は、試合開始(この日は18時~)の2時間前の「朝礼」から始まる。そこでは新しい売り子による挨拶や、その日の注意事項の伝達などが行なわれる。その後、まだ観客もまばらなスタンドに、重いタンクを背負った売り子たちが一斉に飛び出していく。

 球団によってルールは異なるが、ZOZOマリンスタジアムでは売り子ごとの「担当エリア」などは決まっていない。売る場所も方法も、すべて売り子次第。1杯でも多く売るために、それぞれが工夫を凝らしている。

 現在、同レースで6位につけるミシェリさんが、売り上げ増の秘訣を教えてくれた。ネイリストを目指して専門学校に通う彼女は、学費や一人暮らしの生活費を自分で賄っており、試合のない日はバーテンダーのアルバイトをしているという。

「ビールと違ってサワーは2杯目以降の注文が多いので、常に周囲に目を配るようにしています。サワーは味が5種類あるんですが、常連さんによって好みが違うので、どれくらいの濃さ・割合で作るかを覚えるようにしています。そこはバーテンダーの経験が生きているかもしれません(笑い)」(ミシェリさん)

取材・文■田中周治 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2018年9月17日号

あわせて読みたい

「野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  3. 3

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

  4. 4

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  5. 5

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  6. 6

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  7. 7

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  8. 8

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  10. 10

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。