記事

やはり注目されるのは、小泉進次郎氏の動静

勝ち馬に乗るようなことはしないのが小泉進次郎氏だろうと信じているが、だからと言って負ける人と一緒に自爆するようなこともしないだろうと思っている。

安倍総理からも石破氏からも一定の距離を置いて、自分自身の存在感を高めるためにはどうすればいいだろうか、などということを考えている。

簡単には旗幟を鮮明にしないで、何人かの仲間と一緒に懸命に政治の在り方、国会の在り方、自民党の在り方を探求し、総裁選の幕が閉じる頃に徐に自分たちの考えをアピールする、くらいがいいのではないか。

石破潰し、などと言われる動きには一切加担せず、かつ、石破担ぎの動きにも加担しない。

自分の仲間を集めていれば、総裁選が終わる頃にはそれなりに存在感のある勢力に育っているはずだ。
自民党の中にだけ関心を払うのではなく、自民党を超えて広く国民の声を聞く、というのがいい。
超党派で、若い国会議員を一つに束ねていく努力をすることである。

自民党の中で、自分の思うように動ける人は少ない。
皆、様々なしがらみに縛られているはずだ。

小泉進次郎氏は、最後までフリーハンドでいられる貴重な存在である。
くれぐれもご自分を大事にされたらいい。

いずれは、小泉進次郎氏の時代が来る。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。