記事

わが子の頭をよくする照明・ホワイトボードの活用法

文字の輪郭が鮮明に見える明るさが必要(イラスト/さややん。)

設置は親がいつでも見られる場所に(イラスト/さややん。)

 頭のいい子が育つ家は、親と子がコミュニケーションを取りやすく、子供の好奇心をかき立てる家だった! 勉強する環境に欠かせない“道具(ツール)”をどう活用すべきかを紹介する。

 まずは照明はどのようなものが望ましいのだろう? 間接照明やシャンデリアなど、光量の少ない落ち着いた明かりの下で勉強するのはご法度。ちょっと明るすぎるかな、と思うぐらいが勉強に適しているという。約2250件もの家庭で勉強を教えてきたカリスマ家庭教師の西村則康さんはこう語る。

「文字は鮮明な状態で視界に入れた方が記憶しやすい。視力が低下すると成績も下がるといわれており、これは、落ちた視力で黒板の字を見ても輪郭がぼんやりとしか見えず、印象に残りにくいからです。

 明るさが足りなければ、机には、利き手と反対の位置に電気スタンドを置き、影を作らないように気をつけながら、文字が鮮明に見えるように明るく照らしてあげましょう」

 続いて、難関中学に合格した子供の家を10年以上調査した教育学習環境研究者の四十万靖(しじま・やすし)さんはホワイトボード活用をこう語る。

「ホワイトボードなどを設置するなら、親の目が届く位置にし、子供が書いている文字や絵に対して、問いかけたり感想を言ったりできるようにしてください」

 親が反応を示すと、子供は書くことが楽しくなり、幼い頃から文字を書く習慣が身につく。さらに、親子のコミュニケーションツールにもなる。

※女性セブン2018年9月13日号

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  9. 9

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。