記事

郵便局長

画像を見る
(新しい郵便局長さんたちは夫婦で紹介されます)

少し前、小泉元総理の一番こだわったのが郵政民営化でした。

その意図はいろいろ想像されていますが、私もその時に参議院の郵政民営化特別委員会の委員として、あの法案が通過したらその未来に懸念されることをひとつひとつ追求したことを思い出します。

それは与野党の質疑の中ではあったけど、純粋に本当に大丈夫かと心配することがたくさんあって民営化したら何ごともバラ色のように答弁する竹中さんと小泉さんに疑念を持っていました。

あれから数年たって政治の状況もずいぶん変わったけど、私が予想したような懸念は当たっていたようで、郵便局の数が減り、サービスは低下して郵政の売り上げは毎年減少し続け、経営はますます厳しくなっています。

そのひとつが、「民営化になったら何でもできるんだ」という答弁もありましたが、今のままでは新しい商品を売り出す事もできなくて、手足を縛ったまま仕事をしている状態で現場のモチベーションは下がる一方なのです。

そこで郵政改革法案を通して郵便局が存続できるようにと協議を重ねてきて、野党の皆さんも状況はよく判っているけど、当時は賛成したからということなのかメンツもあって協議にも応じてくれず、ずっと継続審議ということになっているのです。

しかし、その間にもどんどんと経営は悪化していて、多くの国債を買って今の日本の財政を支えているシステムも危うくなってしまうのではないか?という懸念も出ていて、なんとか今国会で可決させたいと野党への協議を粘り強く呼びかけているのです。

そんな状態にやきもきしているのが、郵便局の現場で働く郵便局長さんたちで今日三重県の中勢地区郵便局長会の総会が行われ、我々にもハッパをかけられました。

いつもきりっとした統制の取れているこの会ですが、例年この会で新しく郵便局長になった方々が、夫婦で紹介されるため緊張の一瞬です。

まさに家族総出で地域に密着している郵便局だからこそできる体制なのかも・・・・。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。