記事

ミャンマーでロイター記者に禁錮7年、国際社会から非難の声


[3日 ロイター] - ミャンマーでイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を不法に入手したとして、ロイターの記者2人が3日、いずれも禁錮7年の判決を言い渡されたことを受けて、国際社会の非難が高まっている。

国連事務総長は判決の見直しを要求、米国連大使は「新たな汚点」などとミャンマー政府を批判した。

国連のグテレス事務総長は、ロヒンギャに対する大規模な人権侵害を報道する行為で記者が起訴されたことは容認できない、とミャンマー当局を非難する声明を発表。引き続き記者の釈放を求める方針を示すとともに、ミャンマーにおける報道の自由とあらゆる人権の十分な尊重を呼び掛けた。

米国のヘイリー国連大使も、「ミャンマー軍が大規模な残虐行為に及んだことは明白」と主張。「自由な国では、人々に事実を伝え、指導者に説明責任を課すのが責任ある報道機関の責務だ。自らの職責を果たしていた記者2人に対する有罪判決はミャンマー政府にとって新たな汚点となる」とした上で、われわれは引き続き彼らの即時かつ無条件での釈放を求めていく」と表明した。

ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターのワ・ロン記者(32)とチョー・ソウ・ウー記者(28)は、昨年12月12日に拘束され、国家機密法違反で起訴されたが、一貫して無罪を主張していた。

記者らは審理で、2人の警官からヤンゴンのレストランで書類を手渡され、その直後に別の警官に身柄を拘束されたと主張。ある警察官は、レストランでの出来事について、ロヒンギャ問題の報道を妨害し、記者らに罰を与えるための策略だったと証言している。

一審に当たるヤンゴン北部地区の裁判所判事は3日の判決で、「被告は国家機密法に違反した」と指摘し、両記者が入手したのは「機密文書」であり「国家の敵やテロ組織」にとって有益なものだと説明した。

両記者は上級裁判所に控訴することができる。判決は当初、8月27日に言い渡される予定だったが、判事の体調不良を理由に1週間延期された。

ロイターのスティーブン・アドラー編集主幹は判決後、「きょうはミャンマーとロイターの記者であるワ・ロンとチョー・ソウ・ウー、そしてすべての報道機関にとって、悲しい日である」との声明を発表。「判決は民主主義に向かうべきミャンマーにとって、大きな退歩であり、法の支配や言論の自由と相容れることはできない。ミャンマー政府によって、ただちに是正されるべきである」と主張した。

その上で「私たちは座して待つつもりはなく、これから数日間で、国際的な法廷に救済措置を求めるかどうかも含め、今後の対応方法を検証する考えだ」との意向を示した。

ワ・ロン記者は支持者らに対し、「私たちは間違ったことは何もしていない。何も恐れてはいない。正義と民主主義と自由を信じている」と述べた。

チョー・ソウ・ウー記者は「政府はわれわれを投獄することはできても、人々の目や耳をふさぐことはできない。それが私の言いたいことだ」と続けた。

ミャンマー政府の報道官は判決に関するコメントの求めに応じていない。

マーシャル駐ミャンマー米大使は記者団に「非常に厄介だ」と述べ、裁判が国民の司法制度に対する信頼を強めるのか弱めるのか考えるべきだと指摘した。

国連のオスビー・ミャンマー常駐人道調整官は判決に失望したとし、「国連はロイターの記者を釈放し、表現の自由と情報公開を求める両氏の権利を尊重するようかねて当局に要求してきた」と述べた。

また英国のチャッグ駐ミャンマー大使は欧州連合(EU)を代表して発言し、判決は「法の支配に対する大きな打撃だ」と批判した。

*情報を追加しました。

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。