記事

追跡第8弾!ケフィア 被害は1,000億円規模へ、本社では荷物の搬出作業も

1/2

8月31日、消費者庁は(株)ケフィア事業振興会(TSR企業コード:298080745、東京都、以下ケフィア)が「債務の履行遅延」を引き起こしていると注意喚起した。

 同庁は、ケフィアの買戻し契約が満期を迎えながら支払いが遅れている契約者数は少なくとも約2万人、金額は約340億円に及ぶとの見解を示した。

 これから満期を迎えるオーナー制度に加え、ケフィアに金銭を貸し付ける「サポーター募集」でも会員から多額の資金を集めており、被害額は1,000億円に達する可能性もある。

 東京商工リサーチ(TSR)情報部は、これまで7回に及ぶレポートで内容を報じてきた。

 ようやく消費者庁が重い腰を上げ、「債務の履行遅延」の注意喚起を行った。ケフィアの被害者は高齢者が多いと言われる。高齢者などを巻き込む商法に歯止めをかける法整備が急務になっている。

ケフィア本社

ケフィア本社 消費者庁の会見と同時刻・・・

 消費者庁が注意喚起の記者発表をしていた8月31日17時。ケフィア本社では従業員が続々と帰路についた。従業員は取材に一切応じず、無言で通り過ぎた。ケフィアの終業時間は17時30分。通常より30分ほど早い。

 その後、本社入口に衝立が置かれ中の様子がうかがえない状態となった。すると大手運送業者のスタッフ数名が訪れ、段ボール箱を台車に載せて運び出した。18時30分、ケフィアビル全館の電気が消えた。消費者庁の会見が終了した直後の18時35分、本社ビル前にマスコミ関係者が集まり始めた。

 携帯電話で話をしながら本社を出てきた従業員は、TSRのカメラをにらむ余裕もみせた。

 休日の土日を過ぎ、営業日の9月3日7時50分、ケフィア本社。1人また1人と本社に従業員が出社し始めた。いずれも取材に対して沈黙を貫いた。契約者も本社を訪れるが、社内には入れてもらえず、警備員と押し問答になる場面もあった。

ケフィア本社前(8月31日17時半過ぎ)

あわせて読みたい

「破産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  2. 2

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  3. 3

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  4. 4

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日本に危機感 中国の工場に驚愕

    MAG2 NEWS

  6. 6

    徴用工判決 国際法の通説を疑え

    篠田 英朗

  7. 7

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  8. 8

    オウム元死刑囚妻が語る執行の朝

    篠田博之

  9. 9

    相棒のシャブ常習者描写は差別的

    PRESIDENT Online

  10. 10

    お金持ちになれない日本人の認識

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。