記事

ホリエモン「炎上はむちゃくちゃ効率がいい」とメリット語る 「みやぞんにはツッコんじゃダメだった」と反省する場面も

1/2

女優の石田ゆり子さんが8月25日、愛犬を訓練士に預けていることを自身のインスタ内で報告し、「なぜ長期間、犬を預けているのか」と批判的なコメントが寄せられ、軽い炎上騒動になった。

このことが影響したかは不明だが、8月末に「最近やはり疲れてきたのは事実です」と"インスタ疲れ"を告白し、「インスタ、しばらく休んでみようかとも思っています」と休止を匂わせる投稿をし、物議を醸した。

8月31日に放送された『5時に夢中!』(MX系)では、堀江貴文さんがこのニュースを受け、炎上する傾向や失敗談などを語った。(文:石川祐介)

「クラスの人気者がいじめられて心を病んでしまったようなもの」

堀江さんは

「石田ゆり子さんはこれまで全然炎上してなくて、称賛ばかりだった。よくあるじゃないですか?クラスでも。人気者の女子が失脚して集団いじめに遭って、心を病んじゃうみたいな」

とコメント。これまで批判されることのない人気者だったために、批判されることに慣れていなかったと石田さんを分析する。

続けて「今はそういうフェーズです。これは試練ですよ。試練」とコメント。石田さんは現在SNSを続けるかどうかの帰路に立たされていたのかもしれないが、9月2日にインスタを更新しており、堀江さんの言う"試練"は乗り越えたようだ。

「51対49みたいな賛否両論を生む発言が炎上しやすい」

司会の原田龍二さんは「炎上キングとして炎上の良さって、どういう風に受け止めてますか?」と炎上のメリットについて質問する。

「炎上はむちゃくちゃ効率いいんですよ。こういう所でニュースになるじゃないですか。『ホリエモン、またまた炎上』みたいな、僕の顔写真出て、僕がスタジオにいなくても、(スタジオに)いる人よりも目立てる」

自身が炎上したニュースをテレビ番組が扱ってくれれば、かなりの宣伝効果があるらしい。さらに、自分が特に動かなくてもメディアが勝手に取り上げてくれるため、非常に効率の良いPR戦略のようだ。

「発言する時は『炎上するんじゃないかな』とか考えないですか?」と聞かれた堀江さんは「気にしないです。そんなの気にしてたら、炎上しないです」とキッパリ。

「最近、ツボが分かってきたのが、賛否が51対49みたいなのがいい。反対、賛成が拮抗するようなやつが盛り上がるんですよ」

過激すぎる発言ではなく賛否を生む発言のほうが、炎上には向いているのだという。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    感染減 季節性よりGoToが要因か

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  5. 5

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  6. 6

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  7. 7

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  8. 8

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  9. 9

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。