記事

「自分を愛して好きな道を歩んでいけばいい」りゅうちぇるが語る 自分の"普通"を貫く生き方

2/2

自分を愛して自分の好きな道を歩んでいけばいい



―― りゅうちぇるさんは「個性的」だと言われることも多いと思いますが、個性とはどういうものだと思われますか?

りゅうちぇる:Twitterでも、本当にたくさんの人に言われるんです。「私には個性がない」とか、「夢がない」ないとか。でも、それぞれ絶対ある。

みんなに「好きな事は?」と聞くと、それぞれ答えてくれる。僕は「じゃあそれをしてみたらいいじゃん!」って思ってるんです。きっと、自分を諦めちゃってたり、自分を愛せていないから、「やりなよ!」って言われても「ん〜」ってなっちゃうのかな。

自分を信じて何かをやるのは勇気のいる事だけど、自分のしたい事、自分のやりたい事を見つけて自分を愛し続けてあげなきゃ、何も繋がらないし、何もできない。

その自分のやりたい・なりたい姿が周りにとって当たり前になることがあるかもだから、自分を曲げずに続けて行くっていう強さをもって欲しいって思っちゃう。

僕は何か考えてたわけではないので、偉そうなことは言えないんですけど、自分の好きな道を歩いていたら運良くお仕事ももらえて、ぺこりんにも出会えた。だから、難しいかもだけど、自分を愛して自分の好きな道を歩んでいけばいいと思うんです。

子どもが生まれてわかった 親の気持ち



―― 結婚してから、心境に変化はありましたか

りゅうちぇる:ぺこりんは女の子っぽいありのままの僕を好きになってくれたんです。彼女はすごく可愛いけど、中身はサバサバして男らしくて。そんなありのままの僕たち同士が好きで。結婚しても名字が変わっただけで何も変わらなかったです。でも子どもができて変わりました。

―― 一番変化が大きかったのは?

りゅうちぇる:「リンクとぺこりんの笑顔を守っていこう、守っていきたい、守らなきゃ」と思うようになったことです。「こうしなきゃ」と決めたわけじゃなくて、自然と湧き出てきました。

これからこの男らしい?気持ちはどんどん増えていくと思うし、子どもが生まれて、僕たちももう少し慎重に行動しなきゃダメだと思っていますね。



―― 学生時代、ご両親とスタイルについて意見の食い違いがあったそうですね

りゅうちぇる:高校生の時は、毎日メイクをしていたから、「普通の男の子はこんなことしないよ」って言われていました。

でも、「普通って何?僕の普通がこれなだけで、別にそれぞれの普通って他者と共有するものじゃないし。なんでそっちの普通をこっちの普通にしたがるんだろう?」って思ってました。だから、それでもやめずに自分らしくしていました。

―― 親になってみて、その時のことをどう感じますか

りゅうちぇる:やっぱり親は子どもが心配だから色々言ってしまうんですね。当時、僕が原宿に行くって言ったら、お母さんは「原宿に行ったらもっと派手になるからダメ」って言ってたんですけど、お母さんも寂しいから、心配で止めてたんだなってわかりました。

僕だって、「リンクが大人になってニューヨークに行く〜とか言い出したらどうしよう!」って赤ちゃんの今でも思っちゃうし。離れちゃうのはやだな〜って思っちゃうから(笑)

―― ご両親との考えの違いはどうやって埋めていったのですか

りゅうちぇる:僕は自分がやりたいことに対して真剣だってことを態度で示しました。あなたが何を言おうと、僕はこれをするんだって示したんです。

僕の場合は好きな服装やスタイルを貫いて、高校を卒業したら上京するという事でした。そのために高校3年間でお金を貯めて、これだけ真剣だって示しました。

上京して、大切な友達に出会えて、運命の人にも出会えて、自分の好きなことを追いかけて、すごく幸せだよって。たくさん止められたけど、今の自分の姿を親に見せたことで、親も自分のことを認めてくれたと思います。

小さい頃の「自分を好きな気持ち」を忘れないで



―― 「性の個性」は家族に対しても話す事が難しいテーマです。旧来のジェンダー観に縛られないために、何が必要だと思いますか

りゅうちぇる:やっぱり、自分を愛することによって周りの接し方なども変わってくると思っています。

恋愛でフラれてしまった時とかでも、「あ〜自分がこんなんだからだ」って思わずに、「あ!この人じゃなかったんだ!」って思えるんですよね、自分を愛していたら。

小さい時はみんな自分のことが大好きだし、自分ならなんでもできると思ってて、めちゃくちゃ大きな夢を語ったりするじゃないですか。でも、それをいつしか忘れちゃう。そのすごくキラキラしていて輝いていた時代を忘れちゃうのはもったいない。

僕は自分をただただ愛して自分の進む道を信じてきて、今の僕になった。色々考えちゃうと「無理かも〜」ってなるけど、皆さんもありのままの姿で進んで欲しいと思っています。

【りゅうちぇる】
タレント・歌手。1995年9月29日生まれ、沖縄県出身。ヘアバンドと個性的なファッションと愛されるキャラクターで注目を集め、バラエティ番組などに彼女である、読者モデルの「ぺこ」と多数出演し、2016年12月にはぺこと入籍。2018年2月より「自分の色を取り戻そう」をテーマに音楽活動を本格的にスタートさせ、7月の第一子「リンク」くん誕生に際しては、「誰でもない生き方でありますように」と息子にあてたメッセージソング「Link」を発表し、話題となっている。

りゅうちぇるさん登壇「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム 2018

日本財団

「おとこ」と「おんな」だけじゃ語れない人生。性別の「枠」にとらわれない多様な生き方、新しいジェンダー観を探る。(登壇者:りゅうちぇる、椎木里佳、蓮見勇太、井土亜梨沙)

登壇セッション:「性別」ってなんですか?
日時:2018/09/08(土) 11:00〜13:00
場所:青山学院大学 15号館1階 ガウチャー記念礼拝堂
アクセス:東京都渋谷区渋谷4-4-25 東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分
チケット:ソーシャルイノベーションフォーラム2days
     一般4,000円、学生1000円、高校生以下無料
     購入は右記URLから→https://eventregist.com/e/sif2018

[ PR企画 / 日本財団 ]

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  3. 3

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  7. 7

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  8. 8

    権力迎合で安泰 NHKの存在に疑問

    ビデオニュース・ドットコム

  9. 9

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。