記事

大谷翔平を支える“伝説の広報”、父が生んだ野球との縁語る

1/2

米国カリフォルニア州アナハイムは“夢の国の街”である。’55年に世界に先駆けて開園したディズニーランドは、これまで7億人を超える来場者に「ひとときの幸せ」を与え続けてきた。そして今年、アナハイムは“オオタニと夢を見る街”になった。

日本ハムファイターズからメジャーリーグの球団「ロサンゼルス・エンゼルス」にやって来た大谷翔平(24)。投げては162キロの剛速球で三振の山を築き、打っては3試合連続の特大ホームランをかっ飛ばした。伝説のベーブ・ルースから100年ぶりの、夢のTwo-Way Player(二刀流)の誕生に、全米が熱狂した。

彼をひと目見たいと、ロサンゼルスのダウンタウン(中心街)からハイウエーで30分ほど南東に下がった人口約33万人の内陸の街には、連日の酷暑にもかかわらず、国内外からファンが押し寄せている。

その活躍ぶりを伝えるテレビ画面に映る、新聞の写真に写る大谷選手の、すぐ近くをよ〜く探してみてほしい。きっと、エンゼルスの赤いポロシャツに、セミロングの明るいブラウンヘアをなびかせた、アジア系の女性を見つけることができるはずだ。

その人こそ、グレース・マクナミさん(45)。エンゼルスの広報スタッフで日系2世だ。メジャーの広報というと、大柄な女性を連想しがちだが、むしろ小柄できゃしゃである。

「大谷さんとは2月のアリゾナキャンプで初めてお会いしました。若いのにしっかりしていて好青年。その場の雰囲気をすご〜く読んでいるし、いろいろ物事を深〜く考えながら話す方だなって」

通訳として隣にいたからこそ語れる、リアルな大谷像なのだろう。

「それに、謙虚だと思います」

ちょっぴり誇らしげにそういうグレースさんだが、今回の取材のメールに《メディア担当として黒子の役割に徹しているのでとても恐縮です》と返信してくるほど、ご自身も実に謙虚だ。取材中のこんな言葉にも“黒子”に徹しようという意思が強く感じられる。

「私の仕事は、大谷さんの取材に来られた日本人プレスの方々をサポートすること。調整役です」

しかし、調整役とひと言でくくれるほどその仕事は単純ではない。グレースさんは、史上初めてベーブ・ルースと比較される大谷選手を支える、たった1人の“日本語を話せる広報”なのだから……。

「試合のある日は車で15分の自宅からスタジアムに隣接するオフィスへお昼過ぎに出社。メールをチェックし、大谷選手やチームに関するニュースに目を通します」

15時にクラブハウスへ。そして、17時過ぎまでフィールドで取材の通訳や打ち合わせをこなす。試合開始前の19時にはプレスルームに移り、スコアをつけつつネットをチェック。試合後の監督会見と大谷選手の囲み取材を仕切ると、クラブハウスでの最後の取材に同席。記者が引き揚げるのを確認してから、やっとスタジアムを後にする。

「帰宅できるのは日付が変わるか変わらないかぐらい。家族は夜更かしなので待ってくれています」

メジャーでは休みのない連戦が当たり前。選手も大変だが、チームの広報にとっても過酷な職場だ。しかし、スタジアムで目を引いたのは、プレスはもちろん、裏方の職員一人ひとりと明るく声を交わし、時にはハグする彼女の姿だった。

また、記者からこんな“気遣い”も聞いた。取材現場でよく出てくる英語の言葉をまとめて、それを訳した「単語表」をグレースさんが作って配ってくれた、と――。

「やっぱり、多くの人に理解していただくためには、まずは自分の周りの人とコミュニケーションをうまくとることが大切。それをドジャース時代に学びましたから」

黒子の調整役――大谷選手とともに夢を見るための“極意”は、なんと、エンゼルスのライバル・ドジャースで培ったものだった。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  9. 9

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。