記事

福島第1原発取材は記者クラブメディアに対する利益供与

 2月20日、福島第1原子力発電所の現地取材が行われるが、政府と東京電力はフリーランスを排除することを決定した。この事態を受けて、政府と東京電力の共同記者会見に出席していたフリーランスでつくる「フリーランス連絡会」は、2月16日、現地取材に参加する記者クラブメディアに対し、取材で得られた素材をフリーランスにも提供するよう申し入れた。

 申し入れに対する回答期限は18日18時としていたが、これまでに回答したのは共同通信のみ。その回答は下記のとおり。

 「東京電力福島第1原発公開に際しての取材資料の公開についてですが、今回は限られた時間での調整が不可能で、ご期待に添えないとの結論に至りました。あしからずご了承ください。なお、同原発内の資料入手については、一義的には東京電力側と交渉されるべきものと理解しております」

 残りの記者クラブメディア(下記)は回答しなかった。

 朝日新聞、産経新聞、東京新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞、時事通信、東奥日報、新潟日報、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ、福島県政記者会(福島民報、福島民友、河北新報、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島)

 記者クラブメディア各社は現地取材で得られた素材を自社で利用するのみならず、ほかのメディアへ販売し、利益をあげるとみられる。現地取材が政府と東京電力の記者クラブメディアに対する利益供与となっていることは明らかだ。このような実態を踏まえれば、記者クラブメディアが伝える現地取材のリポートなど、眉にツバをつけて見る必要がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  4. 4

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  5. 5

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  9. 9

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  10. 10

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。