記事

異業種に転職してよかったこと「スキルが向上した」「新鮮な気持ちで仕事できた」 4割は転職後も企業規模変わらず

1/2

エン・ジャパンは8月29日、「異業種への転職」に関する調査結果を発表した。調査は今年6月~7月に実施。同社運営の「ミドルの転職」上で、サイトを利用している35歳以上のユーザー1151人から回答を得た。

調査によると、69%が「異業種への転職を検討している」と回答。検討業種は「メーカー」(25%)が最も多く、次いで「コンサルティング」、「IT・インターネット・ゲーム」(同率で11%)、「流通・小売・サービス」(10%)と続いた。

商社勤務の4割がメーカーへの転職希望 広告・出版・マスコミは2割がIT業界に憧れ

異業種でも経験の活かし方はあります

現在就業中、または直近の就業先の業種と、転職を希望している業種との関連を見ると、「商社」で就業中・就業していた人の40%が「メーカー」への転職を希望していた。「広告・出版・マスコミ」の20%の人が「IT・インターネット・ゲーム」を希望していることもわかった。

異業種への転職を希望する理由1位は「新しい経験を通じて、自分を高めたいから」(54%)。2位は「業界の将来性に不安を感じるから」(35%)、3位は「より多くの求人情報を検討したいから」(30%)だった。

年代別で見ると、30代は40代や50代と比べ、「年収水準の高い業界へ移りたいから」(44%)、「働く業界に拘りがないから」(32%)、「休日休暇など時間的待遇を改善したいから」(31%)などの理由が多かった。

回答者全員のうち、異業種転職の経験があるのは58%と、半数以上に上った。転職した年代で最も多かったのは「30代」(35%)で、以降、「40代」(27%)、「20代」(24%)、「50代」(14%)と続く。中小企業から中小企業へ移った人が24%と最多で、大企業から中小企業へ移動した人が22%、大企業間の転職が15%だった。最も少なかったのは、ベンチャー企業間の転職と、ベンチャー企業から大手企業への転職で、2%だった。企業規模が変わらなかった人は、合計41%だった。

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  3. 3

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  4. 4

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  5. 5

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  6. 6

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  9. 9

    日本人の幸福度増加のピークは「年収1100万円」

    内藤忍

    07月29日 12:44

  10. 10

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。