記事

夏休み明けの自殺を防ごう

夏休み明けが、子どもたちの自殺が一番多いということがわかってきて、このところ、それを防ぐ様々な試みが行われています。

ひとつは、子どもたちの自殺やいじめを防ぐために、LINEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使った相談を受け付ける自治体が急速に広がっています。都道府県と政令指定都市の67自治体のうち、全体の5割にあたる34自治体が実施している、という調査結果があります。

LINEなどの相談は、多くの自治体が、夏休み中や、その前後の期間を含めて実施している、とのこと。これまでの電話相談から、昨年9月に長野県が初めてLINEを使った相談を実施し、その後一気に広がりました。子どもたちの相談へのハードルが下がることが期待されています。

一方で、文字だけの相談には不安を感じるという自治体も多く、また、匿名のため緊急対応が難しいなどの課題もあります。簡単に相談できるメリットを活かして、課題を解決していってほしいと思います。

また、夏休み明け、学校に行くのつらい、という子どもたちのために、不登校支援などに取り組む各地の団体が、居場所の開放を始めた、ということも報じられています。

世田谷パブリックシアターでは、9月2日午後に、中学生向けの無料イベントとして、かつて不登校だった若者が自らの体験を語るイベント「学校生活はいろいろあるけれど・・・みんなよりちょっと先輩の話聞いてみない?」が企画されています。青山学院大学の本多記念国際会議場では、9月8日夕方に「僕たちは学校に行かない」と題したフォーラムが開かれます。

「学校がつらくてもココがあるよ!プロジェクト2018」を展開するNPO「フリースクール全国ネットワーク」のウェブサイトでは、8月下旬から9月にかけて居場所を無料で開放したり、電話相談を受け付けたりする全国のフリースクールを紹介している、ということです。

そのひとつ「東京シューレ」の奥地圭子さんとは、国会議員をしていた時、フリースクールを支援するための超党派の議員連盟を作り、学校に行けない子どもたちのための活動をともにしてきました。奥地さんは、ご自身の息子さんの不登校が、自己防衛のための反応だと気付いた、と語っておいでです。

18歳までの子どもの相談を、子どもの立場に立って行ってきている「チャイルドライン」は、電話相談の時間を、8月22日~9月4日まで、通常より長い時間の、午後2時~午後11時までつながるようにしています。

ネットは、8月29日~9月4日まで、午後4時~午後9時までつながるようにしています。いろいろなツールを使って、現在は相談できる場所も増えてきているので、悩んでいる子どもたちには、相談してみるように勧めてください。

命をかけてまで学校に行く必要は、ありません。命があれば、どのようにも生きられると思います。悩んでいる子どもたちに、助けの手が、どのような形であれ、届くようにと願っています。

あわせて読みたい

「自殺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。