記事

今年の夏は2人に1人が夏バテ状態、2014年以降で最高 暑さ対策は「冷房をケチらない」「こまめに麦茶を飲む」

マイボイスコムは8月29日、「今夏の節電・暑さ対策」に関するインターネット調査の結果を発表した。10~70代の男女10304人のうち、今年「夏バテをしている」という人は9.9%、「軽い夏バテ気味」は39.8%で計49.7%もの人が夏バテだと答えており、2014年以降最も割合が高くなっている。

そのため熱中症対策を「積極的に行っている」人は11.8%、「ある程度行っている」は47.3%で、対策をしている人は計59.1%に上った。

冷房以外の暑さ対策「風通しを良くする」「日差しを遮る工夫」

今年の夏はとにかく暑かった
今年の夏はとにかく暑かった

自宅で行っている冷房以外の暑さ対策としては「風通しを良くする」が37.5%で最も多く、2番目は遮光カーテンやすだれなど「日差しを遮る工夫」(31.2%)、3番目は「部屋の空気を循環させる」(29.5%)だった。

夏の暑さを乗り切るためにこころがかえているところを聞くと、節電や節約にとらわれず、エアコンを付けるという人が多かった。

「冷房をケチらずなるべく入れるようにしている」(男性 36歳 夏バテはしていない)
「節電したいところだが、なるべく我慢せずにエアコンを使うようにしている」(女性 54歳 夏バテはしていない)

一方で、エアコンを付けている方が体調が悪くなるという人も。

「自分の部屋でエアコンつけていると、体が冷えすぎて、トイレやキッチンに行くとき気分が悪くなり吐き気をかんじたりするので、少し暑くてもできるだけ使わないようにしている」(女性 26歳 軽い夏バテ気味)

また、こまめに水分を取ったり、運動を控えたりしたという人も多かった。

「こまめに麦茶を飲むこと。夜はしっかり休むこと」(女性 23歳 夏バテはしていない)
「激しく動かない。暑いところに長時間いないようにする」(男性 49歳 軽い夏バテ気味)

節電を意識した人は約4割で、2011年以降最低

今年の夏は例年に比べて暑かったことから、節電意識も弱まったようだ。節電について「かなり意識している」という人は12.1%、「やや意識している」は32.3%で計44.4%の人しか意識していない。2011年以降、最も割合が小さくなっている。

節電対策として「エアコンの使用時間・設定温度などを工夫する」という人の割合も2011年以降、最低に。熱中症になる危険から、エアコンは十分に付けていたという人が多かったのだろう。

節水についての意識も今年は低かったようだ。節水を「かなり意識している」という人は7.7%、「やや意識している」は31.4%で、2016年以降最低だった。

2011年の東日本大震災から時間が経ったことに加え、例年よりも異様に暑かったことから、今年は節電も節水もあまり意識しなかった人が多かったことがわかる。

あわせて読みたい

「猛暑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  4. 4

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  7. 7

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  8. 8

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  9. 9

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  10. 10

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。