記事

「サン・チャイルド」は福島第一原発に置いてはどうか

1/2

ヤノベケンジ氏の作品「サン・チャイルド」が福島駅近くの「福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館」に設置され、批判を受けて撤去されることとなった件。

福島市、批判浴びた防護服姿の子ども像を撤去へ。作者コメント「対立避けたい」
ハフポスト2018年08月28日
JR福島駅近くに設置された防護服姿の子ども像の展示を、福島市が取りやめることになった。木幡浩市長が8月28日、会見して発表した。(中略)
木幡市長は像について、「災害の教訓の継承、勇気や元気を与えるなどの観点から設置の継続を求める声がある」と理解を示した。
その一方で、「風評への懸念、作品への違和感、設置する場所の問題など設置に反対する声も多く、このように賛否が分かれる作品を『復興の象徴』として、このまま市民の皆様の前に設置し続けることは困難と判断しました」と説明した。

実際、こむこむで行われたアンケートでは110人中75名が「反対もしくは移設を」との意見だったとのこと。

個人的には、設置のニュースを聞いた際、こうした作品を駅前の、多くの人の目に入る場所に設置するのは復興の妨げになる、と感じたので、その意味では「よかった」と思うが、それよりも、多くが市民であろう当該施設の利用者が総意としてこの作品を受け入れなかったという点が当然ながら重要だ。その意味で撤去は妥当だと思う。

防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」撤去へ 福島市民アンケート7割が反対
iZA! 2018.8.28

そのあたりの機微について、この記事が地元視点でのまとまった論考になっている。

防護服を着た子供像「サン・チャイルド」は、なぜ福島で炎上したのか
現代ビジネス2018年8月25日
2011年の作品ですから、その頃の感覚が強く表現されているのは当然のことです。作者であるヤノベ氏に悪意があったとは、少なくとも私は全く捉えていません。
しかし、人々が日常的な通勤や通学、ショッピングに訪れる福島駅前の、しかも子ども達のための施設の入り口に、突如として現れた6.2mの巨大な「2011年からの使者」に向けられたのは、歓迎の声ばかりではありませんでした。

とはいえ、これで万事めでたしとも思わない。

個人的にこの作品は、「放射能の心配のない世界を迎えた未来の姿」という作者の弁によるコンセプトよりも、放射線に対する(根拠のない、もっとはっきりいえば不必要に過剰で有害な)恐れを表現したもの(特にこの作者がガイガーカウンター付きの放射能防護服に似せて作った作品「アトムスーツ」を着てチェルノブイリで住民と握手して回り彼らを傷つけた当事者であることを考えると)のようにしか思えず好きになれないが、表現の機会を奪うことに関しては可能な限り慎重であるべきだと思うからだ。

現代アートは人を不快、不安にさせることを目的とするようなものもたくさんあるわけで、「放射能こわい」は充分アートとなりうるだろう。実際、私は疎くてほとんど知らないがこの方もこの作品も現代アート界では高く評価されているようだし。

とはいえ、この作品は2011年に初めて公開されているが、今回炎上するまで、今回ほど大きな関心を集めてはいなかった。Googleトレンドでみても設置時の検索数は今回の半分以下だ。朝日新聞の記事データベースでみると「サン・チャイルド」の初出は2011年10月22日「太陽の子、照らせ未来 大阪・万博記念公園に巨大モニュメント 【大阪】」で、その後福島空港を中心に開かれた「福島現代美術ビエンナーレ」を含む各地での展示が報じられている。

3体つくられたうち1体は大阪府茨木市で常設展示されている、と調べてわかったのだが、自分の当時のツイートをTwilogで探っても2011年以降、今回のことが起きるまでまったく言及していなかった。自分に関しては不勉強、不見識を恥じるしかないが、社会全体としても、今回ほどの関心は呼ばなかったとはいえるのではないか。事故の後はこの種の「放射能こわい」系の「アート」がたくさんあったから、いちいち関心を持たれる状況でもなかったのかもしれない。

つまり問題は時期と場所、というわけだ。上掲現代ビジネスの記事も含め、多くの意見が「作品自体を否定するものではないが『今、あの場所』はよくない」といった意見であるように思われる。作者自身も「展示する場所、時期、方法などによって受け取られ方は変わりますので細心の注意を払うべきでした」としている。

では、今、どこに展示すべきか。もちろんいろいろな意見があるだろうが、ひとつの意見として出してみたい。

今、「サン・チャイルド」を展示すべき場所は、福島第一原発ではないか。敷地内の安全で、かつ目立つところに。

理由はいくつかある。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  10. 10

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。