記事

参議院の勢力図に見る「動けない日本の政治」の現状

 今の野田内閣は、何を提案しても野党から協議に乗ってもらえない。言わずと知れた参議院で法律を通す力を持っていないからだ。それでも何もしないわけには行かないから、これから単独で法案を提出して行くことになる。それが参議院に回って立ち往生する事態になると、本当に日本の政治は動きのとれないことになる。そこで解散総選挙という筋書きが出てくるのだが、それでも何の解決にもならないことは、参議院の勢力図を見たら一目瞭然になる。

 参議院の定員242人のうち、民主党・新緑風会104に対して、自民党・たちあがれ日本・無所属の会86と公明党19の合計が105で、ちょうど拮抗しているのだ。あとはみんなの党11、共産党6、社民・護憲4、国民新党4などとなっていて、ここでも左右はバランスしている。そして参議院に解散はないから、来年の夏までこの状況が変ることはない。

 ここで選挙をして自民・公明連合が勝ったとしても、今と全く同じことの裏返しが起こるだけなのだ。新党が登場して健闘したとしても、安定多数の形成はますます難しくなる。下手をすると衆議院でも過半数をまとめる政治勢力が姿を消すかもしれない。今の政治に感じる深い閉塞感は、このように先の見通しが立たないところから来ているのだと思う。

 野田総理に可能な、おそらく唯一の活路は、弱みを逆転の強さに変えて前進することしかない。法案が参議院で否決されれば、責任の追求は対案を出さない野党に向けられることになる。国会でやっていることが数合わせの儀式だとしても、暮らしに直結する法案の成否は国民の関心事になるだろう。本当の民主主義への一歩前進にもなるかもしれない。

 内閣支持率の低さを気にしても始まらない。多くの内閣が支持率の低下におびえて倒れてきたが、それで日本の政治がよくなることはなかった。政治には、何があろうと止めてはならない部分がある。その立場になった人間には、最低限果たすべき役割がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。