記事

独消費者信頼感指数、9月は10.5に低下 所得見通し軟調=GfK


[ベルリン 29日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが29日発表した9月の独消費者信頼感指数は10.5と、前月の10.6から低下した。低下は2カ月連続だった。所得の見通しが低下したことが主な要因で、消費主導による景気拡大の力強さに疑念が出てきた。

ロイターがまとめたアナリスト予想は10.6だった。

GfKの調査担当者ロルフ・ビュルクル氏は「経済見通しは改善した一方、所得見通しや購買意欲がやや低下した」と指摘。ただサブ指数は相対的に全て高水準にあると述べた。

所得見通しの低下はおそらくエネルギー価格の最近の上昇と関連しているとした。

ビュルクル氏は「金利が引き続き低水準にある中で、物価が上昇しているため、一部の消費者にとって貯蓄が徐々に目減りしていくのは明らか」とし、「インフレ率が一段と加速すれば、消費者を取り巻く環境は確実に冷え込むだろう」との見方を示した。

連立政権が発足した3月以降、政府は減税措置のほか、年金や失業保険などの面でも消費者の購買力の底上げに向けた政策を打ち出してきた。INGディバのアナリスト、カーステン・ブレゼスキ氏は、こうした一連の措置で国内総生産(GDP)の約0.4%に相当する財政刺激効果が期待できると推計している。

9月の指数は低下したものの、エコノミストの間では輸出が低迷する中でも消費が引き続き経済をけん引するとの見方が出ている。GfKのビュルクル氏は、労働市場が活況を呈する中、失業は過去最低水準にあり、職業の安定も増していることを背景に、消費者の購買意欲はなお高いとの見方を示している。

GfKは調査を約2000人を対象に実施した。

*情報を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。