記事

サラリーマンはぜんぜんオワコンじゃない理由


サラリーマンはオワコンだ。
フリーランス万歳みたいな古典的炎上商法をいまだやってる人いますがサラリーマンのみなさままったく気にする必要はないです。

サラリーマンがぜんぜんオワコンじゃない理由は腐るほどある。

【サラリーマンがぜんぜんオワコンじゃない理由】
・仕事できなくても毎月定額給料もらえる
・社会保障などの充実
・お金もらいながら仕事を教われる
・大きな仕事ができる
・会社の信用力・ブランド力で仕事できる
・有休・育休・産休などがとれる
・経費を自分で払わなくていい
・交通費がもらえる
・仕事で失敗しても社員はノーリスク
・事務所などもオフィス経費も負担なく使える
・後輩、同僚、先輩、取引先、顧客から様々な情報をもらえる
・住宅ローンの審査などが通りやすい
・病気の時に他の社員に仕事を代わってもらえる

こんなおいしい立ち位置ないです。
サラリーマンがオワコンなんて情報にだまされる必要はない。
たとえば今をときめく編集者、箕輪厚介氏だってサラリーマン。
著書「死ぬこと以外かすり傷」でも会社員であることのメリット書いてます。

もちろん昔に比べたらサラリーマンであることのメリットはかなり減った。
また会社に依存、寄生するだけのサラリーマンは生き残れないしブラック企業なんかに酷使されるなら今すぐやめた方がいいし大企業といえども安泰ではない。

それでもサラリーマンはオワコンではない。
数かぎりないメリットがわんさかある。

そもそもサラリーマンやめてフリーランスになればバラ色みたいなのってほんとやめた方がいい。
フリーランスになることによるデメリットやリスクも数えきれないほどある。

私はサラリーマンを4社15年間やりその間に個人でも仕事をするパラレルキャリアを経て2012年にフリーランスになった。
今はサラリーマンに戻る気ないしフリーランスになってよかったと思っているけど万人にフリーランスをすすめるのは危険すぎる。

ただ今の時代、もはや会社員だろうがフリーランスだろうが関係なく仕事できるかどうかってことがシビアに問われる時代になった。
どっちだろうが仕事できない人は淘汰されるし仕事できる人は大活躍する。ただそれだけ。

あといずれ正社員という制度はなくなり強制的にみんなフリーランスになっちゃう時代がやってくる。

だからね。セルフブランディングが必要なの。
会社員だろうがフリーランスだろうが自分のことを多くの人に知ってもらい自分のブランド価値をあげることでいろんな仕事や活動ができるようになる。

サラリーマンがオワコンだのフリーランスがバラ色だのもうそういう陳腐な二元論で働き方を語ること自体がオワコン。
会社員をディスってるやつがオワコン。フリーランスバラ色だと思い込んでいるやつがオワコン。

会社員もフリーランスもこれからの時代を生き抜くために自分のブランド価値向上に全力を尽くした方がいい。

あわせて読みたい

「サラリーマン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  7. 7

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。