記事

高校野球 球数制限より「予選から7回制に変更すべき」論

2/2

◆「7回制」は一石三鳥

 そこで私が提案したいのは、高校野球そのものを「7回制」に変更することである。

 軟式野球やソフトボールのように試合を7イニングにすれば、当然ながら投球数は大幅に減る。現状では9回までの投球数が平均130球くらいなので、単純計算すると7回までなら100球程度になる。

 また同点で延長に入ったら、ソフトボールのように最初からタイブレーク制を取り入れればよい。両方を併用すれば、たとえ一人で完投しても大半がアメリカで目安にしている100球程度に収まるはずだ。

「7回制」を取り入れるメリットはほかにもある。7回制なら試合途中のグラウンド整備も必要なくなるだろうから、現在なら1試合平均2時間余りかかるところが1時間半ほどですむ。そうすると1日に4試合行う場合でも、午前8時から試合を始めて午前中に2試合終えられる。

 残りの2試合は日中の炎天下を避けて、少し日が傾き気温も下がる午後4時ころから行うようにすればよい。それによって熱中症のリスクは大幅に低下し、選手の疲労も軽減されるだろう。

 そして、地区予選や練習試合も短時間で行えるようになれば、授業へのしわ寄せは小さくなり、引率する監督や部長の負担も軽くなる。「一石二鳥」どころか「一石三鳥」ではないか。

◆休養日の2日増も

 さらに連戦が続く大会での体力的消耗を考えるなら、準々決勝と準決勝の前後には1日ずつ休養日を設けるよう提案したい。そうすれば決勝まで勝ち進むチームもずいぶん疲労の蓄積が防げるだろう。今年の大会でも準決勝と決勝の間には休養日が設けられていたので、大会日程が実質2日伸びるだけで済むはずだ。

 このような改革、とりわけ7回制の導入に対しては反対意見もあるだろう。

「野球は9回まで戦うものだ」とか、これまでの記録との整合性うんぬんといった、取るに足らない反対のほか、7回制の経験ではプロに入ったときに通用しないという懸念が出るかもしれない。しかし後の野球人生という点では、故障歴や消耗が少なくなる利点ほうがはるかに大きいだろう。

 大阪桐蔭高校による大会史上初となる2度目の春夏連覇、103年ぶりとなる秋田県勢の決勝進出といっためでたい出来事にばかり注目が集まりがちだが、突きつけられているのは喫緊の課題だ。

 金属バットやタイブレーク制の採用にしても、高校野球の歴史を変える大きな決断だったが、いまとなってみると決定的な不都合は生じていない。「選手ファースト」の視点から、思い切った決断が期待される。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。