記事

補正予算の財源

 多分、10月初旬くらいから始まる臨時国会で補正予算が来るのではないかな、と思います(来ないかもしれませんが)。私が昔から「これって、おかしいんじゃないかな。」と問題意識を持っている事が幾つかあります。

 その一つは「(法定されているはずの)緊要性」が無いものが含まれていて、単に当初予算で盛り込めなかったものの復活折衝になっているだけ、というものがあります。これは民主党政権時代もやっていたので、別にどの政権が悪いとかいう事ではないのですが、当初予算の時点から、査定する側とされる側との間で「これは(当初予算では入れないけど)補正で。」みたいな握りをしたりするのです。結局、年度単位での決算を見てみると、予算(と借金)が膨れ上がる原因になっています。あと良くないのは、当初予算で盛り込まず、補正予算対応が増えていくと、例えば自衛隊や海上保安庁等の装備物の計画が立ちにくいという弊害もあります。

 補正予算を「リアルに緊要性のあるものだけ」とバシッと切ってしまうと、多分、日本の当初予算作成の時点から緊張感が全く異なると思います。ある大臣経験者は「補正予算を(災害等の緊急時を除いては)基本的にはやりません。」とするのが、一番の行革になると言っていました。極端な言い方ではありますが、私は慧眼だと思います。

 それはともかくとして、今日は「財源」の話です。この数年、国債の金利が低いせいで、毎年、当初予算で立てた(借金の返済に充てる)国債費に余りが出ています。つまり、当初予算の時点で予想する国債の金利よりも、実際の金利が低ければ返すお金が少なくて済むので余りが出る、というふうにイメージしてもらえればと思います。そして、これを「財源」として補正予算を編成するのが常態化しています。

 私はこの国債費の「余り」が「(補正予算の)財源」だという発想そのものがどうしても受け入れられませんでした。そもそも、経済状況がよくなったから生じたお金ではありません。むしろ、経済が思ったようにインフレ2%にならないので、必死になって金利を抑え込んで金融緩和を継続した結果として生じただけです。別に「アベノミクスの果実」ではありません。

 そして、ゼロ金利政策というのは、見方を変えれば、国民や金融機関に課税をして、それで国債の金利を支払っているというのとほぼ同義です。金利が上がってくれば、国民や金融機関に利子という形でお金が流れる一方、国債の利払いが増えてきます。そう考えると、ゼロ金利というのは、利子課税をした上で国債の利払いをしているのと大して変わりません。したがって、国民や金融機関に負担を付け替えた結果として生じたお金を「財源」だというのは筋違いではないかという事です。

 しかも、仮に国債の金利を正しく予想できる占い師が居たとして、その金利で当初予算を組んでいれば、「余り」は生じず、その分だけ国債を立てずに済んだはずです。したがって、その「余り」は「(補正予算の)財源」ではなく、一度すべて国債の償還に充てるべきものだと思います。一度、安倍総理にその指摘をしましたが、どうも通じませんでした。

 そうしないと、一旦、「余り」を「財源」だと言ってしまうと、全部使っちゃうのです。ここほれワンワンのように生まれてきた財源と勘違いしてしまって使ってしまうのですが、それは上記のような経緯からすると完全に筋違いだと思っています。

 筋論としては、そういう「余り」は一度、全額国債の償還に充てるという整理をする、そして、ゼロベースから再度、緊要性に応じて補正予算を編成する、そういうふうにすべきだと思います。ちょっとプロセスとしてはややこしいのですけども、きちんと整理せずに「あ、ここにお金があるじゃないか。」と安易に財源化する事は財政の健全性を損ないます。

 遠からず、補正予算の編成が何処かで来るでしょう。予算書なんて見る事は殆ど無いでしょうが、「財源」の所で国債費の余りが出てきたら要注意です。本来、そのまま「財源」にしてはいけないものです。

あわせて読みたい

「補正予算」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。