記事

ディーン・フジオカ、山本美月ら参加!9月18日に台湾でドラマフェス

国際ドラマフェスティバル in TOKYO実行委員会(委員長=大久保好男民放連会長・日本テレビ社長)は、日本のドラマなど放送コンテンツのプロモーションのための大規模イベント「Jシリーズ・フェスティバル in 台湾」を、台湾・台北のLegacy Max(信義劇場)で9月18日に開催することになった。

「Jシリーズ・フェスティバル」は、日本の放送コンテンツを海外の一般視聴者へ発信していくための新たなプロモーション展開として、2013年にスタートした大規模イベント。これまでにタイで4回(13年3月、14年11月、16年6月、17年6月)、インドネシアで2回(15年6月、17年12月)、ベトナムで1回(16年12月)開催してきており、今度の開催は4か国目・通算8回目で、初めての台湾開催となる。

台湾は典型的な親日の国であり、日本のコンテンツも多く流通しているが、最近は他のアジア諸国と同様に、韓国などのコンテンツに押されていることから、「Jシリーズ・フェスティバル」を開催することによって、日本のコンテンツのさらなるブームアップのきっかけを作ることが期待されている。

今回のイベントへの日本からの出演者としては、ディーン・フジオカ、山本美月、石井杏奈、佐生雪、また、ミュージシャンのさかいゆう、nanoの出演が決定した。台湾からは、ミュージシャンのリン・ユーチュン、MCとしてKen、Donaの出演が決定。同イベントでは、日本の新作ドラマのダイジェストを上映した後、日本のドラマ出演者等によるトークショー、台湾における日本の番組の紹介、ミュージック・ライブ、来場者参加企画などを行う予定。

なお、「Jシリーズ・フェスティバル」は、日本が国家戦略として進めている「放送コンテンツの海外展開の推進」の一端を担う公益性の高い事業であり、クール・ジャパン・イベントとしての意味も持っている。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  5. 5

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  8. 8

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  10. 10

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。