記事

ディーン・フジオカ、山本美月ら参加!9月18日に台湾でドラマフェス

国際ドラマフェスティバル in TOKYO実行委員会(委員長=大久保好男民放連会長・日本テレビ社長)は、日本のドラマなど放送コンテンツのプロモーションのための大規模イベント「Jシリーズ・フェスティバル in 台湾」を、台湾・台北のLegacy Max(信義劇場)で9月18日に開催することになった。

「Jシリーズ・フェスティバル」は、日本の放送コンテンツを海外の一般視聴者へ発信していくための新たなプロモーション展開として、2013年にスタートした大規模イベント。これまでにタイで4回(13年3月、14年11月、16年6月、17年6月)、インドネシアで2回(15年6月、17年12月)、ベトナムで1回(16年12月)開催してきており、今度の開催は4か国目・通算8回目で、初めての台湾開催となる。

台湾は典型的な親日の国であり、日本のコンテンツも多く流通しているが、最近は他のアジア諸国と同様に、韓国などのコンテンツに押されていることから、「Jシリーズ・フェスティバル」を開催することによって、日本のコンテンツのさらなるブームアップのきっかけを作ることが期待されている。

今回のイベントへの日本からの出演者としては、ディーン・フジオカ、山本美月、石井杏奈、佐生雪、また、ミュージシャンのさかいゆう、nanoの出演が決定した。台湾からは、ミュージシャンのリン・ユーチュン、MCとしてKen、Donaの出演が決定。同イベントでは、日本の新作ドラマのダイジェストを上映した後、日本のドラマ出演者等によるトークショー、台湾における日本の番組の紹介、ミュージック・ライブ、来場者参加企画などを行う予定。

なお、「Jシリーズ・フェスティバル」は、日本が国家戦略として進めている「放送コンテンツの海外展開の推進」の一端を担う公益性の高い事業であり、クール・ジャパン・イベントとしての意味も持っている。

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。