記事

プラス1000円でVIP気分を味わえる「SP風タクシー」が話題 乗り降り時は運転手が乗客を警護する演出付き

神奈川県横浜市のタクシー会社「三和交通」が提供する「SP風タクシー」に注目が集まっている。運転手が要人警護のスペシャリスト、SPの格好で、乗客を目的地まで連れて行ってくれるサービスで、今年6月に始まった。

SP「風」と謳う通り、運転手は本物のSPではない。サングラスにスーツ、イヤホンというそれらしい格好はしているが、イヤホンはどこにも繋がっておらず、持っている拳銃は水鉄砲だという。ネットでは「乗ってみたい!」という声が相次いでいる。

「花嫁を家まで送ってほしい」などサプライズ需要はあるものの「利用は10件未満」

画像は三和交通公式サイトのキャプチャ

通常のタクシーは、運転手は車を降りずに乗客側のドアを開けるが、SP風タクシーでは要人である乗客を警護するため、乗り降りの際は必ず運転手が付き添う。水鉄砲を構えて周囲を警戒したり、アタッシュケースで乗客を襲撃から守る仕草をしたりする演出もある。運転手は「守秘義務を守る」設定のため、乗客との会話は行き先などの必要最低限になっているそうだ。

同社広報担当者によると、SP風タクシーが生まれた背景には、今年2月にサービスを開始した「黒子のタクシー」があるという。運転手が、歌舞伎で舞台のサポートをする「黒子」に扮し「究極の自動運転」というコンセプトで始めたところ、国内外のメディアで多く取り上げられた。特に海外メディアの注目は高く、外国人観光客からも人気が出たそうだ。

反響を受け、6月上旬から「忍者タクシー」と「SP風タクシー」を開始したが、「SP風タクシー」は黒子タクシーや忍者タクシーと比べ「海外向けのPRがまだ上手くいっていない」こともあり、利用はまだ10件に満たないという。

「イベント絡みのご要望が多いですね。『彼女を家まで送って欲しい』とか、結婚式の二次会の帰りに、サプライズで花嫁を自宅まで送って欲しいという要望もありました」

現在、8か所の営業所それぞれに2人ほどの「SP風ドライバー」がいるという。クオリティを上げるため、警察での勤務経験があるドライバーにアドバイスを貰ったり、ドラマ「SP」を見て勉強したりして研鑽を積んでいる。

対応エリアは東京23区、多摩、横浜、埼玉の同社営業エリアで、利用時には専用フォームから事前予約が必要だ。料金は、通常の運賃に指定料金として1000円追加される。担当者は、

「現在、空港への行き来のタクシー利用は定額制が主流です。社内では、こうした空港定額タクシーのオプションとして楽しんでもらえたらと思っています」

と話していた。

あわせて読みたい

「タクシー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。