記事

「3つの山口組抗争」に浮上、「電撃統合」はあるか

【六代目山口組・司忍組長】

 甲子園で全国高校野球準決勝が行なわれ、大きな盛り上がりを見せた8月20日、同じ兵庫県内(神戸市灘区)にある六代目山口組総本部の周辺は騒然としていた──。

 兵庫県警と大阪府警の監視に加え、テレビ、新聞、実話誌などのメディアが殺到する中、幹部が揃う執行部会が開かれたのだ。

「本来、8月は六代目山口組(司忍組長)にとって“夏休み”で、会合は開かれない。この時期に執行部会が開かれたのはちょうど3年前に山口組が分裂した緊急事態以来です。メディアが集まったのは、任侠山口組が六代目山口組に合流することがこの場で話し合われ、翌日にも発表されるとの情報が流れたからです」(実話誌記者)

 2015年8月に六代目山口組から神戸山口組が分裂、さらに昨年4月には神戸山口組から任侠山口組が分裂し、1年以上にわたり「山口組」を名乗る団体が3つも並存する異常事態が続いている。

 それがここに来て、なぜ“再統合”が取り沙汰されるようになったのか。『山口組三国志 織田絆誠という男』の著書があるジャーナリストの溝口敦氏が解説する。

「六代目は、分裂から3年という節目にあたるこの8月いっぱいを、神戸や任侠に行った離脱者が“出戻り”できる期限だと通達していました。神戸と任侠の分裂で優勢に立ったとみた六代目は一気にケリをつけようとしたのでしょう。ところが、思惑とは異なり、六代目に復帰する組織は少なかった。そこで、六代目は任侠を取り込もうと、合流に向けた話し合いを始めたようです」

 しかし結局、この日の執行部会の後に再統合に関する発表は行なわれなかった。

「六代目は執行部会では任侠に関する話し合いはしていないと言っています」(前出・実話誌記者)

◆〈良からぬ情報〉

 統合話は幻に終わったのか。溝口氏はこう言う。

「六代目、任侠ともに『一時中断して仕切りなおす』ようです。任侠は組長制ではなく代表制を取っていて、従来の暴力団のようにトップと傘下団体が上下関係にない。織田絆誠代表が約60人の直系組長ひとりひとりに意見を聞いたところ、『六代目は依然として、改革する気などないのではないか』などの慎重意見が相次いだ。一方で、『六代目に戻れば、直参の中で一番組員の多い組織になれる。内部からの改革は十分可能だ』との声も出ている。織田代表はこうした意見を元に、合流の可否を検討している最中のようです」

 六代目山口組の執行部会に先立つ8月18日、任侠側が以下の内部通達を出した。

〈御通知 現在世間で良からぬ情報が錯綜しておりますが、当 任侠山口組 重大決定事項については、決まり次第即座に皆さんに伝達致します。(中略)今は只、来る九月十二日 任侠山口組 直参 故・楠本勇浩氏の一回忌に向け、日々静かに冥福を祈ってあげて下さい。以上〉

 楠本氏とは、昨年9月、織田代表が襲撃を受けた際に射殺されたボディガードである。神戸山口組傘下組員による犯行とされるが、実行犯は捕まっていない。

「この通達が、一回忌が終わるまでは動かないという意味だとすると、9月以降に改めて動きがあるのではないか、と見られています」(前出・実話誌記者)

◆再統合は苦肉の策

 もし六代目と任侠が合流した場合、苦しくなるのは残される神戸だろう。実は神戸側にも、再統合に向けた動きが起きていた。

「神戸の中でも、『六代目より前に任侠と再統合したほうがいいのではないか』との意見が出て、任侠側への働きかけを始めたようです。ただし、7月27日の執行部会で、井上邦雄組長が再統合に反対し、頑として譲らなかったようだ。自分を批判して出て行った織田代表のことが許せないということなのでしょう。

 それでも、入江禎副組長をはじめ、任侠との連携を画策する一部が『統合が無理なら同盟という形ではどうか』という話を任侠に持ちかけていたと聞く。しかし、任侠はボディガードを殺されている手前、今のところ話が進んでいないようです」(前出・溝口氏)

 いずれにせよ、3団体が再統合に向けた動きを活発化させているのは間違いない。互いに批判を繰り返し、抗争による死者も出してきた暴力団同士が、再統合するなどあり得るのか。フリーライターの鈴木智彦氏は、時代の変化を指摘する。

「かつての山一抗争では山口組が分裂した一和会に対して徹底した報復を行ない、双方に25人もの死者を出す壮絶な抗争の末、一和会を解散に追い込んだ。親子関係が絶対のヤクザにとって、逆縁(組員が親である組長に逆らって出て行くこと)した人間を戻すなど本来なら絶対にあり得ない。

 しかし、今回の分裂騒動では、分裂後に3団体ともが弱体化している。ヤクザの筋を通すより、かつての力を取り戻すために再統合に向けて動いたほうが得だと考えているのではないか。もっとも、こうした水面下の交渉では、完全にまとまるまではあらゆる情報が“何らかの思惑”があって出されたものと考えたほうがいい。自分たちの立場を有利にするための情報戦が行なわれている」

 警察もこの動きを注視しており、「分裂に乗じて3団体の取り締まりを強化し追い込んできた警察としては、再びまとまって一つの巨大な山口組に戻るのが一番困る」(警察関係者)という。

「仁義なき戦い」から「仁義なき和解」へ、3つの山口組抗争は新局面を迎えた。

※週刊ポスト2018年9月7日号

あわせて読みたい

「ヤクザ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  6. 6

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  7. 7

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。