記事

米長短金利差の縮小、景気後退リスクの高まり示唆か=SF連銀


[サンフランシスコ 27日 ロイター] - サンフランシスコ地区連銀は27日、米国の短期債と長期債の利回り格差が縮小している状況について、景気後退(リセッション)リスクの高まりを示している可能性があるとの見解を示した。

複数の米連邦準備理事会(FRB)当局者は、利上げ終了を主張する理由として利回り曲線の平坦化に言及している。歴史的に見ると、短期債と長期債の利回り逆転に続き景気後退が起きているため。

連銀はエコノミックレターで、3カ月物と10年物の利回り格差を分析。景気後退を予測するためのデータなどを踏まえると、「最近の利回り曲線動向は景気後退リスクが上昇している可能性があることを示している」と指摘。

ただ、「利回り曲線の平坦化に景気後退が差し迫っている兆候はない」とし、その理由として長期債利回りがなお短期債を上回っていることを挙げた。

27日の取引で、米10年債利回り<US10YRT=RR>は3カ月債利回り<US3MT=RR>より0.75%ポイント高い水準。連銀は、実際に利回り逆転が起きるには「十分な」開きがあるとの見方を示した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。