記事

【読書感想】これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

1/2


これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
作者: 堀江貴文
出版社/メーカー: 徳間書店
発売日: 2018/06/30
メディア: Kindle
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。


これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
作者: 堀江貴文
出版社/メーカー: 徳間書店
発売日: 2018/06/30
メディア: Kindle
この商品を含むブログを見る

内容紹介

お金は変わる。そしていずれ「なくなる」ーー。2017年、バブルを迎えた仮想通貨市場。

だが、その本質は投機対象でも決済手段でも、あるいはブロックチェーンという技術革新ですらない。

お金という存在の正体に皆が気づき始めたことこそが、革命なのだ。ビットコインが目指した自由、イーサリアムがもたらす大変革、そして新しく訪れる個人と会社・国家との関係性とは。

仮想通貨から学ぶ「これからの経済学」。

 堀江貴文さんによる「仮想通貨とお金の話」。

 僕は投機としての仮想通貨には、完全に出遅れてしまったこともあり、手を出してはいないのです。

 ただ、ブロックチェーンの技術を含む、理念としての仮想通貨には魅力を感じているんですよね。

 とはいえ、ドヤ顔で仮想通貨を勧めてくるネット有名人たちをみると、仮想通貨そのものも、なんだか信用できないような気がしてきます。

 堀江さんは、「今の世の中で、普通の生活をしていたら、100万円をこえる札束を目の当たりにする機会なんて、1年に1回あるかどうか」だと仰っていますが、確かにそうで、給料は銀行への振り込みだし、大きな買い物はカードや口座振り込みで行うことが多いですよね。

 物々交換から、珍しい貝や石、それから金や銀、それが紙幣になって、今では、電子マネーやクレジットカードの利用が多くなっています。

 昔の人にとっては、クレジットカードだって、仮想通貨みたいなものにみえるのではないでしょうか。

 これまでの通貨には、国が価値を保証してくれるという強みがあるのだけれど、それは、僕が日本という国の、比較的政治的・経済的に安定した時代を生きてきたからであって、自国の通貨が信頼できない、という人たちも、世界中には大勢いるのです。

 僕は現状、「評価経済社会」というのは、有名人の錬金術みたいなものだとしか思えないのですが(VALUとかを発行している人と、売ったあとのその人の行動をみていると、ね)、堀江さんが書いておられるように「国が価値を保証してくれているわけではない通貨的なもの」というのは、すでに身の回りにあふれているのです。

 

サービスを提供したい側が、貨幣の代わりにトークンを発行し、それをユーザーが購入することによってトークンに価値が生まれる=上がる。この価値がついたトークンを通貨に見立て、取引を行うので、トークンエコノミーが成り立つ。

(中略)

 トークンエコノミーと、既存のビジネスモデルの大きな違いは、経済圏がネットワーク内で完結していることだ。

 これまでのビジネスモデルでは、国家が円やドルなどの法定通貨を発行して、企業や個人はその通貨でプレイヤーとして、ビジネスや生活を行ってきた。この枠組みの中では通貨発行者と、生産者と消費者は厳密に区別されている。

 一方、トークンエコノミーでは、国家ではなく特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を、生産者が発行する。そこで発行されたトークンを基に、国から独立した経済圏を作り出せる。

 経済圏内の通貨となるトークンを、独自のルールで流通させる。そのルールは企業や個人や組織が自発的に考えて、自由に設計できる。国家が担当してきた経済運営の縮小版を、トークンを用いて手軽にできるのは、トークンエコノミーの大まかな構造だ。

 日本発のビジネスで、今、最もシェアリングエコノミーやトークンエコノミーに近いところにあるのが、第4章でも言及したメルカリだろう。

 メルカリが爆発的に流行った背景には「インスタ映え」の影響が大きい。

 これまでは友達におしゃれのアピールをする時は、直接会っておしゃれな洋服を見せて、自己承認欲求を満たしていた。ただ、その方法は1回に会える人数も限られている。インスタに写真を上げれば、もっと手軽に効率良く、承認欲求が満たされる。

 だから、お金がある人はZOZOTOWNで洋服を買って、インスタに写真を上げたあと、メルカリに流すという行動に出る。お金がない人は、メルカリに流れた服を買って、やっぱりインスタに上げて、再びメルカリに流す。

 これは、結果的にシェア経済ということだ。投資と消費の差がなくなり、凄まじい勢いでリセールマーケットが拡大していく。

 そして、メルカリは個人が「不要品」を売ることで、「ポイント」を得ることができる。手に入れたポイントは、日本円にも交換できるが、そのままでもメルカリ内に売られている、膨大なモノと交換できる。

 ここがとても重要で、このポイントとは、元々要らないものを売ってできた「あぶく銭」なのだ。自分にとってこれまで価値がないと思っていたモノに価値がついた。これがキャッシュに変換して使えるということは、ユーザーにとって「手離れが良いお金」を生み出したということになる。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  3. 3

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  6. 6

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。